方丈記『ゆく河の流れ』現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」
解説・品詞分解はこちら方丈記『ゆく河の流れ』解説・品詞分解


ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

行く川の流れは絶えなくて、それでいて(そこにある水は)もとの水ではない。


淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

淀みに浮かぶあわは、一方では消え、一方ではまた出来て、長くとどまっている例はない。


世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

この世にいる人間と住処とが、やはりこのようなものである。


たましきの都のうちに、棟(むね)を並べ、甍(いらか)を争へる、高き、卑しき、人のすまひは、世々経て尽きせぬものなれど、

美しく立派な都の中に、棟をならべ、いらかの高さを競っている身分の高い人や低い人の住まいは、何世代を経てもなくならないものであるが、


これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。

このことが真実であるかと調べてみると、昔からあった家はまれである。


あるいは去年(こぞ)焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。

あるものは去年消失して今年(新しく)作っている。あるものは大きな家が没落して小さな家となる。住んでいる人もこれと同じである。


所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。

場所も(同じ町で)変わらず、人の数も多いけれど、昔あったことのある人は、二、三十人の中で、わずかに一人二人である。


朝(あした)に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水のあわにぞ似たりける。

朝に(だれかが)死に、夕方には(だれかが)生まれる世の常は、ちょうど水の泡に似ていることだ。


知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。

わからない、生まれ(そして)死ぬ人は、どこから来て、どこへ去るのかを。
※倒置法


また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。

またわからない、(この世での)仮の住まいについて、誰のために心を悩ませ、何によって目を楽しませるのかを。
※倒置法


その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。

そのように、家の主人と住居とが、無常を競い合う様子は、言うならば、朝顔の花と(その朝顔の上に置いた)露との関係と異ならない。


あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。

あるものは露が落ちて花だけが残っている。残っているとはいっても、朝日で枯れてしまう。


あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。

あるものは花がしぼんで露はまだ消えないでいる。消えないとはいっても、夕方まで消えずに待つことはない。
※朝顔→すみか、露→あるじ、にそれぞれ例えられている。


※対句法(語の並べ方と意味を同じようにし、対(1セット)にする修辞法)
ゆく河の/流れは/絶えずして、/しかももとの水にあらず。

淀みに/浮かぶうたかたは、/かつ消えかつ結びて、/久しくとどまりたるためしなし。


あるいは露落ちて/花残れり。/残るといへども/朝日に枯れぬ。

あるいは花しぼみて/露なほ消えず。/消えずといへども/夕べを待つことなし。

解説・品詞分解はこちら方丈記『ゆく河の流れ』解説・品詞分解