静夜思(せいやし)   李白(りはく)

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

 

床前看月光ヲ  

床前(しょうぜん)月光を看(み)る

 

寝台の前に月光が差している。

 

 

フラクハ地上カト  

疑(うたご)ふらくは是(こ)れ地上の霜かと

 

地表を霜が覆っているかと疑うほどだ。

 

 

ゲテハ山月  

頭(こうべ)を挙げては山月(さんげつ)を望み

 

頭を上げて山ぎわにかかる月を見ていると、

 

 

レテハ故郷  

頭を低(た)れては故郷を思ふ

 

だんだん頭が下を向いてきて、気が付くと故郷のことをしみじみ思っていた。

 

問題はこちら 静夜思(せいやし)  問題(1)

 

『漢詩』まとめ