『不顧後患(後ろの憂へを顧みず)』原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

問題はこちら『不顧後患(後ろの憂へを顧みず)』問題 

 ロノヘヲ=うしろのうれへをかへりみず。自分の後ろに災いが迫っていることに気付かない

 

呉王欲タント、告ゲテ左右ハク、「敢ヘテラバムルセント。」

呉王荊を伐(う)たんと欲し、其の左右に告げて日はく、「敢(あ)へて諫(いさ)むる者有らば死せん。」と。

 

呉王は荊を討とうとして、側近たちに告げて言うことには、「(荊を討つことを中止するよう、)どうしても私を諌(いさ)める者がいるならば、死罪にする。」と。

 

 

舎人少儒子ナル。欲スルモメントヘテセ

舎人に少儒子(じゅし)なる者有り。諫めんと欲して敢へてせず。

※「不ヘテ(せ)」=しいて(無理に)Aしようとはしない。

そば仕えしている者の中に雑用をする少年がいた。(この少年は)諌めようと思ったが無理に諌めようとはしなかった。

 

 

リテ、遊於後園。露沾。如クノ者三旦ナリ

即ち丸を懐(いだ)き弾(ゆみ)を操(と)りて、後園に遊ぶ。露(つゆ)其の衣を沾(うるほ)す。是(か)くのごとき者(こと)三旦(さんたん)なり。

 

少年はそこで懐(ふところ)にはじき弓の弾を入れ、はじき弓を手に持って宮殿の裏庭を歩き回った。露がその少年の衣をぬらした。三日間毎朝このようなことをした。

 

 

呉王日ハク、「子来タレ。何シミテスコトキトクノ。」

呉王日はく、「子来たれ。何ぞ苦しみて衣を沾すこと此(か)くのごとき。」と。

 

呉王が言うことには、「お前、(こちらに)来なさい。どうしてつらい思いをして、そのように衣をぬらしているのか。」と。

 

 

ヘテハク、「園中樹。其蝉。蝉高居悲鳴シテ、不蟷螂ルヲロニ也。

対へて日はく、「園中に樹有り。其(そ)の上に蝉(せみ)有り。蝉高居し悲鳴して露を飲み、蟷螂(たうらう)の其の後ろに在(あ)るを知らざるなり。

 

(少年が)答えて言うことには、「お庭の中に樹があります。その上に蝉がいます。蝉は高いところに止まって高い声で鳴いて露を飲み、蟷螂(かまきり)が自分の後ろにいることに気がつかないのです。

 

 

 

蟷螂委身曲附、欲シテラント、而不黄雀ルヲラニ也。

蟷螂委身曲附(ゐしんきょくふ)し蝉を取らんと欲して、黄雀(くわうじゃく)の其の傍(かたは)らに在るを知らざるなり。

 

蟷螂は身をかがめて脚を縮め、蝉を取ろうとして、黄雀(=スズメのこと)が自分のそばにいることに気がつかないのです。

 

 

黄雀延、欲マント蟷螂、而不弾丸ルヲ也。

黄雀頸(くび)を延べ蟷螂を啄(ついば)まんと欲して、弾丸(だんぐわん)の其の下に在るを知らざるなり。

 

黄雀は頸を伸ばして蟷螂をついばもうとして、はじき弓の弾が自分の下にあるのに気がつかないのです。

 

 

三者、皆務メテント前利、而不之有一レルヲ。」

此(こ)の三者(さんしゃ)は皆務めて其の前利(ぜんり)を得んと欲して、其の後ろの患(うれ)へ有るを顧(かへり)みざるなり。」と。

 

この三者は、皆ひたすら自分の目の前にある利益を得ようとして、自分の後ろに災いが迫っていることに気付かないのです。」と。

 

 

呉王日ハク、「善。」乃

呉王日はく、「善きかな。」と。乃ち其の兵を罷む。

※哉=感嘆。「~だなあ」

呉王が言うことには、「良い事を言うなあ。」と。そこで、(呉王は)刑を討つのをやめたのだった。

 

 問題はこちら『不顧後患(後ろの憂へを顧みず)』問題