読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5文型(SVOC)

第5文型は、SVOCです。

補語は「どのように(how)」を表すもので副詞・副詞句などは除いたものと考えるとよいです。また、第2文型ではS=C、第5文型ではO=Cの関係になるものです。


「I call my dog Pochi.」(私は私の犬をポチと呼びます。)は、my dogをどのように呼ぶのかというとPochiと呼ぶわけなので、Pochi=Cとなります。

また、何をcall(呼ぶ)のかというとmy dogを呼ぶわけですから、my dog=Oとなるわけです。

そして、my dogはPochiであるので、O=Cの関係になっています。


また、第4文型(SVOO)と大きく違うのは、第5文型では、O=Cの関係になることです。


SVOCの例文

I named my cat Kuro. 私は猫にクロと名付けた。 my cat=O、Kuro=C


He made her happy. 彼は彼女を喜ばせた。 her=O、happy=C


I kept him waiting at the station. 私は彼を駅に待たせたままにした。 him=O、waiting at the station=C
※「keep O C」=OをCの(状態の)ままにする、保つ


I found her the woman who was speaking with the teacher then. 私は彼女があの時先生と話していた女性だと気づきました。 
her=O、the woman who was speaking with the teacher then=C
※「find O C」=OがCだと気付く、分かる


目次:英文法(高校)