孟子『四端・不忍人之心(人に忍びざるの心)』原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・解説=赤字

 

四端(したん)

四つの芽生え

 

孟子曰ハク、「人皆有之心

孟子曰はく、「人皆人に忍びざるの心有り。

 

孟子が言った。「人には皆、他人の不幸を見過ごせない心がある。

 

 

先王有之心、斯之政矣。

先王人に忍びざるの心有り、斯(ここ)に人に忍びざるの政(まつりごと)有り。

 

昔の聖王は、人の不幸を見過ごせない心を持って、人の不幸を見過ごさない(ような思いやりのある)政治を行った。

 

 

之心、行ハバ之政、治ムルコト天下、可ラス掌上

人に忍びざるの心を以て、人に忍びざるの政を行はば、天下を治むること、之を掌上に運(めぐ)らすべし。

 

人の不幸を見過ごせない心で、人の不幸を見過ごさない政治を行ったならば、天下を治めることは、手のひらに物のせて転がすように(たやすく)できる。

 

 

所-人皆有リト之心

人皆人に忍びざるの心有りと謂(い)ふ所以(ゆゑん)の者は、

 

人には誰でも、他人の不幸を見過ごせない心があるという理由は、

 

 

今、人乍レバ孺子一レニ/(す)ルヲラント於井、皆有怵惕惻隠之心

今、人乍(たちま)ち孺子(じゆし)の将(まさ)に井に入らんとするを見れば、皆怵惕(じゆつてき)惻隠(そくいん)の心有り。

※将=再読文字「将(まさ)に~んとす」「~しようとする・~するつもりだ」

もしも今、人が急に幼児が井戸に落ちそうになっているのを見たならば、誰もがはっと驚いてかわいそうに思う心を持つだろう。(そして、助けようとするだろう。)

 

 

ザル所-ルルハリヲ於孺子之父母也。

交はりを孺子の父母に内(い)るる所以に非(あら)ざるなり。

 

(助けようとするのは、)幼児の父母と交際をしようとするためではない。

 

 

ザル所-ムルレヲ於郷党朋友也。

誉れを郷党朋友に要(もと)むる所以に非(あら)ざるなり。

 

(幼児を救ったという)名誉を村人や友人に求めようとするわけでもない。

 

 

ザルミテ而然スルニ也。

其の声を悪(にく)みて然(しか)するに非ざるなり。

 

(幼児を見殺しにしたという)悪い噂が立つのを嫌ったから、そのように(助けようと)するのでもない。

 

 

リテレバ、無キハ惻隠之心、非ザル也。

是(これ)に由(よ)りて之を観(み)れば、惻隠の心無きは、人に非ざるなり。

※由是観之=結論を述べる前の慣用句。最初に述べた「不忍人之心」につながる。

※惻隠之心=かわいそうにと思うあわれみの心

以上のことから考えると、あわれみの心がない者は、人ではない。

※人には皆、忍びざるの心(他人の不幸を見過ごせない心)があるので、惻隠の心(あわれみの心)のないものは人とは言えない。

 

 

キハ羞悪之心、非ザル也。

羞悪(しうを)の心無きは、人に非ざるなり。

※羞悪之心=自分の不善を恥じ、他人の不善を憎む心

羞悪の心のない者は人ではない。

 

 

キハ辞譲之心、非ザル也。

辞譲の心無きは、人に非ざるなり。

※辞譲之心=遠慮し、譲り合う心

辞譲の心のない者は、人ではない。

 

 

キハ是非之心、非ザル也。

是非の心無きは、人に非ざるなり。

※是非之心=善悪を判断する心

是非の心がないものは、人ではない。

 

 

惻隠之心、仁之端也。

惻隠の心は、仁の端なり。

※仁=慈しみの心、仁徳

惻隠の心(あわれみの心)は、仁の芽生えである。

 

 

羞悪之心、義之端也。

羞悪の心は、義の端なり。

※義=人として行うべき正しい道

羞悪の心(自分の不善を恥じ、他人の不善を憎む心)は、義の芽生えである。

 

 

辞譲之心、礼之端也。

辞譲の心は、礼の端なり。

※礼=礼節、人の守るべき秩序

譲り合う心は、礼の芽生えである。

 

 

是非之心、智之端也。

是非の心は、智の端なり。

※智=物事を理解し、善悪などを弁別できる能力

是非の心(遠慮し、譲り合う心)は、智の芽生えである。

 

 

人之有四端也、猶ホ/(ごと)キルガ四体。」

人の是の四端有る、猶(な)ほ其の四体有るがごときなり。」と。

※猶=再読文字、「猶ほ~ごとし」、「ちょうど~のようだ」

人がこの四つの芽生えを持つことは、ちょうど両手両足があるのと同じなのだ。」と。

※生まれながら当然に、人は四端(惻隠の心・羞悪の心・辞譲の心・是非の心)を持っているのである。

 

『孟子』まとめ

 

目次:中国の思想家(漢文)