徒然草『奥山に猫またといふもの』現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」
解説・品詞分解はこちら徒然草『奥山に猫またといふもの』解説・品詞分解
問題はこちら徒然草『奥山に猫またといふもの』問題

「奥山に猫またといふものありて、人を食らふなる。」と、人のいひけるに、

「奥山に猫またというものがいて、人を食うそうだ。」と、ある人が言ったところ、


「山ならねども、これらにも猫の経上(へあ)がりて、猫またになりて、人とることはあなるものを」といふ者ありけるを、

「山ではないが、このあたりにも、猫が年をとって変化して、猫またになって、人を食うことはあるそうだな。」と言う者がいたのを、


何阿弥陀仏とかや、 連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、

何とか阿弥陀仏とか言っただろうか、(名前ははっきり思い出せないが、)連歌をしていた法師で、行願時の辺りにいた法師が(この猫またの噂を)聞いて、


ひとりありかむ身は心すべきことにこそと思ひける頃しも、

一人で出歩く身は気をつけねばいけないことだと思ったちょうどそのころ、


ある所にて夜更くるまで連歌して、ただひとり帰りけるに、

ある所で夜が更けるまで連歌をして、ただ一人帰った時に、


小川のはたにて、音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、

小川のほとりで、うわさに聞いた猫またが、狙いたがわず足もとにさっと寄ってきて、


やがてかきつくままに、頸(くび)のほどをくはむとす。

そのまま飛びつくやいなや、首のあたりを食おうとする。


肝心もうせて、ふせがむとするに力もなく、足もたたず、小川へころび入りて、

正気も失って、防ごうとするが力もなく、足も立たず、小川へ転び入って、


「助けよや、ねこまた、よやよや」と叫べば、

「助けてくれ。猫まただ、おおいおおい。」と叫ぶと、


家々より、松どもともして走りよりて見れば、このわたりに見知れる僧なり。

家々から、(人々が)たいまつをともして走り寄って(この法師を)見ると、このあたりで見知っている僧である。


「こはいかに」とて、川の中より抱(いだ)き起したれば、

「これはいったいどうしたことか。」と(人々が)言って、川の中から抱き起したところ、


連歌の懸物(かけもの)取りて、扇、小箱など、懐に持ちたりけるも、水に入りぬ。

連歌の勝敗をかけた品物を取って、その扇や小箱など、懐に持っていたものも、水に入ってしまった。


希有(けう)にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。

やっとのことで助かったという様子で、這うようにして(自分の)家に入った。


飼ひける犬の、暗けれど主を知りて、飛びつきたりけるとぞ。

飼っていた犬が、暗いけれど主人と分かって、飛びついたのだったということだ。
※猫またのうわさを聞いて臆病になった法師が、自分の飼い犬を猫またと錯覚してしまったということ。


徒然草『奥山に猫またといふもの』解説・品詞分解

徒然草『奥山に猫またといふもの』問題

徒然草『奥山に猫またといふもの』まとめ