読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨月物語『浅茅が宿』(4)問題1

解答はこちら雨月物語『浅茅が宿』(4)問題1の解答


さてしも臥したる妻はいづち行きけん見えず。狐などのしわざにやと思へば、かく荒れ果てぬれど、もと住みし家に違はで、広く造りなせ奥わたりより、端の方、稲倉まで好みたるままのさまなり。

あきれて足の踏所さへ忘れたるやうなりしが、つらつら思ふに、「妻は既に死りて、今は狐狸住み替はりて、かく野らなる宿となりたれば、怪しき鬼化してありし形を見せつるにてあるべき。もしまた我を慕ふ魂のかへり来りてかたりぬるものか。思ひし事のつゆ違はざりしよ」と、さらに涙さへ出でず

我が身ひとつはもとの身にしてと歩み廻るに、むかし閨房にてありし所の簀子をはらひ、土を積みて塚と、雨露を防ぐ設けもあり。夜の霊はここもとよりやと恐ろしくもかつ懐かし。水向けの具、物せ中に、木の端を削りたるに、那須野紙いたう古びて、文字もむら消えして所々見定めがたき、正しく妻筆の跡なり。法名といふものも年月も記さで、三十一字に末期の心を哀れにものべたり

さりともと  思ふ心に  謀られて  世にも今日まで  生ける命か

ここに初めて妻の死したるを覚りて、大いに叫びて倒れ伏す。「さりとて何の年何の月日に終はりさへ知らあさましさよ。人は知りもやせん」と、涙をとどめて立ち出づれば、日高くさし昇り


問題1.①見え、⑤死り、⑦なり、⑨見せ、⑪来り、⑮懐かし、⑱見定めがたき、㉗立ち出づれ、㉘高く、の活用の種類と活用形を答えよ。

解答例:㊵カ行変格活用・已然形









問題2.「㉕あさましさ」のここでの意味を答えよ。


問題3.⑥、⑧、⑰、⑲、の格助詞「の」の用法として適切なものを、次の記号「ア~ウ」の中から一つ選んで答えよ。
ア.連体修飾格  イ.主格  ウ.同格





問題4.③、⑭、⑯、㉓、の「し」における文法的説明として適切な記号を、次の「ア~オ」の中から一つ選んで答えよ。
ア.サ行変格活用の動詞  イ.サ行四段活用の動詞  ウ.過去の助動詞「き」の連用形  エ.過去の助動詞「き」の連体形  オ.形容詞の一部





問題5.㉔、㉙、の「ぬ」における文法的説明として適切な記号を、次の「ア~オ」の中から一つ選んで答えよ。
ア.完了の助動詞「ぬ」の終止形  イ.完了の助動詞「ぬ」の連体形  ウ.打消の助動詞「ず」の終止形  エ.打消の助動詞「ず」の連体形  オ.動詞の一部



問題6.「㉒死したる」を例にならって品詞分解し、説明せよ。

例:「い は/れ/ず。」
いは=動詞・四段・未然形
れ=助動詞・受身・未然形
ず=助動詞・打消・終止形

⑦品詞分解:「死 し た る」


問題7.「②もと住みし家に違はで」、「④あきれて足の踏所さへ忘れたるやうなりしが」、「⑫つゆ違はざりしよ」、「⑬さらに涙さへ出でず」、「⑳三十一字に末期の心を哀れにものべたり」、「㉑さりともと  思ふ心に  謀られて」、「㉖人は知りもやせん」、の現代語訳を答えよ。


問題8.「雨月物語」の作者を答えよ。

作者:


雨月物語『浅茅が宿』(4)問題1の解答

雨月物語『浅茅が宿』まとめ