大和物語『生田川(いくたがわ)』現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」
解説・品詞分解はこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』解説・品詞分解(1)

問題はこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』問題1


むかし、津の国にすむ女ありけり。それをよばふ男ふたりなむありける。

昔、摂津の国に住む女がいた。その女に求婚する男が二人いた。


ひとりはその国にすむ男、姓は菟原(うばら)になむありける。いまひとりは和泉の国の人になむありける。姓は茅渟(ちぬ)となむいひける。

1人はその国(女と同じ摂津の国)に住む男で、姓は菟原であった。もう一人は和泉の国の人だった。姓は茅渟といった。


かくてその男ども、年齢(としよはひ)、顔かたち、人のほど、ただ同じばかりなむありける。

さて、その男たちは、年齢・容姿・人柄が、まったく同じようであった。


「心ざしのまさらむにこそあはめ」 と思ふに、心ざしのほど、ただおなじやうなり。

(女は)「愛情がまさっている者と結婚しよう。」と思ったが、愛情の度合もまったく同じようである。


暮るればもろともに来あひ、物おこすれば、ただおなじやうにおこす。

日が暮れるといつもそろって来て出会い、物を送るときもまったく同じように送ってくる。


いずれまされりというべくもあらず。女思ひわづらひぬ。

どちらがまさっていると言うこともできない。女は思い悩んでしまった。


この人の心ざしおろかならば、いずれもあふまじけれど、これもかれも、月日を経て家の門に立ちて、よろずに心ざしを見えければ、しわびぬ。

この二人の男の愛情がいいかげんであるならば、どちらとも結婚しないだろうが、こちらの男もあちらの男も、長い月日にわたって家の門の所に立って、すべてにわたって愛情の深さが見えたので、どうすればよいか困ってしまった。


これよりもかれよりも、おなじやうにおこする物ども、とりもいれねど、いろいろにもちて立てり。

こちらの男からもあちらの男からも、同じように送ってくる物は、受け取りもしないのだが、いろいろと持ってきて(門の所に)立っているのである。


親ありて、「かく見ぐるしく年月を経て、人の嘆きをいたづらにおふもいとほし。ひとりびとりにあひなば、いまひとりが思ひは絶えなむ」 といふに、

(この女には)親がいて、「このようにはたから見ていても心苦しくなる様子で年月を経て、あなたがあの人たちの嘆きをどうにもできないで(背負って)いるのもかわいそうだ。どちらか一人と結婚したら、もう一人はきっと断念するだろう。」と言うと、


女、「ここにもさ思ふに、人の心ざしのおなじやうなるになむ、思ひわづらひぬる。さらばいかがすべき」 といふに、

女は、「私もそのように思うのですが、二人の思いが同じようなので、悩んでしまっています。それならどうすればよいのでしょうか。」と言うのだが、


そのかみ、生田の川のつらに、女、平張(ひらばり)をうちてゐけり。

その当時、女は生田川のほとりに、平張(平らに張った仮屋)建てて住んでいた。


かかれば、そのよばひ人どもを呼びにやりて、親のいふやう、

このようであるから、その求婚している人たちを呼びにやって、親が言うには、


「たれも御心ざしの同じやうなれば、この幼き者なむ思ひわづらひにてはべる。今日いかにまれ、このことを定めてむ。

「どちらもお気持ちは同じようでございますので、このいたらぬ娘が思い悩んでおります。今日はどうあっても、この事について決めてしまいましょう。


あるは遠き所よりいまする人あり。あるはここながらそのいたつきかぎりなし。これもかれもいとほしきわざなり。」

一方は遠い所からいらっしゃる人です。もう一方はこの土地(摂津)の人ですが、その苦労はこの上ないほどです。どちら非常に気の毒なことです。


という時に、いとかしこくよろこびあへり。

と言うと、(二人の男は)たいそう喜び合った。




(2)

「申さむと思ひたまふるやうは、この川に浮きてはべる水鳥を射たまへ。

「申し上げようと思っておりますことは、この川に浮いております水どりを射なさってください。


それを射あてたまへらむ人に奉らむ」といふ時に、

それを射当てなさった人に(娘を)差し上げましょう。」と(娘の親が)言うと、


「いとよきことなり」 と言ひて射るほどに、ひとりは頭の方を射つ。いまひとりは尾の方を射つ。そのかみ、いづれといふべくもあらぬに、思ひわづらひて、

「たいへんすばらしいことです。」と言って、射ると、1人は(水どりの)頭の方を射当てた。もう一人は尾の方を射当てた。それで、どちらが勝ちとも言いかねて、(女は)思い悩んで、



すみわびぬ  わが身投げてむ  津の国の  生田の川の  名のみなりけり

この世に住んでいるのが嫌になりました。(なので、)我が身をこの川に投げてしまいましょう。摂津の国の生田川の「生く」と言うのは名ばかりでしたよ。(この生田川のほとりに住んでいた私が死ぬのですから。)



とよみて、この平張は川にのぞきてしたりければ、づぶりとおち入りぬ。

と詠んで、この平張は川に面して建ててあったので、(女は)ざぶんと身を投げてしまった。


親、あはてさわぎののしるほどに、このよばふ男ふたり、やがて同じ所におち入りぬ。

親が慌てて大騒ぎしている時に、求婚していた二人の男も、すぐに同じ所に身を投げてしまった。


ひとりは足をとらへ、いまひとりは手をとらへて死にけり。

1人は女の足をとらえ、もう一人は女の手をとらえて死んだ。


そのかみ、親いみじく騒ぎて、取り上げて泣き、ののしりて葬(はぶ)りす。

そのとき、親は大騒ぎして、女の遺体を引き上げて、泣きわめきながら葬った。


男どもの親も来にけり。この女のかたはらに、また塚どもつくりてほりうづむ時に、津の国の男の親いふやう、

男たちの親もやって来た。この女の墓のかたわらに、また墓を二つ作って埋葬するときに、摂津の国の親が言うことには、


「同じ国の男をこそ、同じ所にはせめ。異国の人の、いかでかこの国の土をばをかすべき」 と言ひてさまたぐる時に、

「同じ(摂津の)国の男を、同じ所に埋葬しましょう。他国の人がどうしてこの国の土を汚してよいものでしょうか。」と言って妨げると、


和泉の方の親、和泉の土を舟にはこびて、ここにもて来てなむ、つひにうづみてける。

和泉の国の男の親は、和泉の国の土を船に運んで、ここに持って来て、とうとう埋葬してしまった。


されば、女の墓をば中にて、左右になむ、男の墓ども今もあなる。

だから、女の墓を真ん中にして、左右に男たちの墓が今でもあるということだ。


大和物語『生田川(いくたがわ)』解説・品詞分解(1)

大和物語『生田川(いくたがわ)』解説・品詞分解(2)

大和物語『生田川(いくたがわ)』問題1

大和物語『生田川(いくたがわ)』まとめ