大和物語『生田川(いくたがわ)』解説・品詞分解(1)

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」
原文・現代語訳のみはこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』現代語訳

問題はこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』問題1


むかし、津の国にすむ女ありけり。それをよばふ男ふたりなむありける

よばふ=呼び続ける、求婚する。(古典において、当時は女性の名を呼ぶことはプロポーズであった。よって、名前を呼び続ける=求婚するという意味で用いられるようになった。)「よぶ(バ行四段動詞)+ふ(継続の助動詞)」で「よばふ」と言う言葉が生まれた。「ふ」は奈良時代の助動詞

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。係り結び

昔、摂津の国に住む女がいた。その女に求婚する男が二人いた。


ひとりはその国にすむ男、姓は菟原(うばら)になむありける。いまひとりは和泉の国の人になむありける。姓は茅渟(ちぬ)となむいひける

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。係り結び

1人はその国(女と同じ摂津の国)に住む男で、姓は菟原であった。もう一人は和泉の国の人だった。姓は茅渟といった。


かくてその男ども、年齢(としよはひ)、顔かたち、人のほど、ただ同じばかりなむありける。

かくて=接続詞、(話題を変えるときに、文頭において)さて、こうして、ところで。副詞、こうして、このようにして

さて、その男たちは、年齢・容姿・人柄が、まったく同じようであった。


心ざしのまさらこそ あは 」 と思ふに、心ざしのほど、ただおなじやうなり

心ざし=名詞、心を向けるところ。愛情、誠意

む=仮定・婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。ここは「仮定・婉曲」どちらでも良いかもしれない。

こそ=強調の係助詞、結びは已然形となる。係り結び

あは=ハ行四段動詞「あふ」の未然形、結婚する

め=意志の助動詞「む」の已然形、接続は未然形。係助詞「こそ」を受けて已然形となっている。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

やうなり=比況の助動詞「やうなり」の終止形

(女は)「愛情がまさっている者と結婚しよう。」と思ったが、愛情の度合もまったく同じようである。


暮るれ もろともに来あひ、物おこすれ 、ただおなじやうにおこす。

暮るれ=ラ行下二段動詞「暮る」の已然形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、どちらの「ば」も文脈判断をして③の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

おこすれ=サ行下二動詞「遣(おこ)す」の已然形、こちらへ送ってくる、よこす

日が暮れるといつもそろって来て出会い、物を送るときもまったく同じように送ってくる。


いずれまされというべくもあらず。女思ひわづらひ

り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

べく=可能の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。基本的に文脈判断。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

どちらがまさっていると言うこともできない。女は思い悩んでしまった。


この人の心ざしおろかなら 、いずれもあふまじけれ 、これもかれも、月日を経て家の門に立ちて、よろずに心ざしを見え けれ しわび 

おろかなら=ナリ活用の形容動詞「おろ(疎・愚)かなり」の未然形、おろそかだ、いいかげんだ

ば=接続助詞、直前が未然形なので④仮定条件「もし~ならば」の意味である。

まじけれ=打消推量の助動詞「まじ」の已然形、接続は終止形(ラ変なら連体形)

ど=逆接の接続助詞、直前には已然形が来る

見え=ヤ行下二動詞「見ゆ」の連用形、見える。「ゆ」には「受身・自発・可能」の意味が含まれたりもしており、「見ゆ」には多くの意味がある。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形であり①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている。

しわび=バ行上二動詞「為侘ぶ(しわぶ)」のの連用形、処置に困る、もてあます。わぶ=困る、思い悩む。寂しく思う。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

この二人の男の愛情がいいかげんであるならば、どちらとも結婚しないだろうが、こちらの男もあちらの男も、長い月日にわたって家の門の所に立って、すべてにわたって愛情の深さが見えたので、どうすればよいか困ってしまった。



これよりもかれよりも、おなじやうにおこする物ども、とりもいれど、いろいろにもちて立て

おこする=サ行下二動詞「遣(おこ)す」の連体形、こちらへ送ってくる、よこす

ね=打消の助動詞「ず」の已然形、接続は未然形

り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

こちらの男からもあちらの男からも、同じように送ってくる物は、受け取りもしないのだが、いろいろと持ってきて(門の所に)立っているのである。


親ありて、「かく見ぐるしく年月を経て、人の嘆きをいたづらにおふもいとほしひとりびとりにあひ 、いまひとりが思ひは絶え 」 といふに、

斯く(かく)=副詞、このように、こう

いたづらに=ナリ活用の形容動詞「徒(いたづら)なり」の連用形、むだである。むなしい、はかない

いとほし=シク活用の形容詞「いとほし」の終止形、かわいそうだ、気の毒だ、不憫だ

ひとりびとり=名詞、いづれか一人、どちらか一人

な=完了の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が未然形なので④仮定条件「もし~ならば」の意味である。

な=強意の助動詞「ぬ」の未然形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる

む=推量の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

(この女には)親がいて、「このようにはたから見ていても心苦しくなる様子で年月を経て、あなたがあの人たちの嘆きをどうにもできないで(背負って)いるのもかわいそうだ。どちらか一人と結婚したら、もう一人はきっと断念するだろう。」と言うと、


女、「ここにも思ふに、人の心ざしのおなじやうなるになむ、思ひわづらひぬる。さらばいかがすべき」 といふに、

ここ=代名詞、私、ここ、あなた

さ=副詞、そのように、その通りに

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び

ぬる=完了の助動詞「ぬ」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。係り結び

べき=適当の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。「いかが」に含まれる係助詞を受けて連体形となっている。係り結び。「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。基本的に文脈判断。

女は、「私もそのように思うのですが、二人の思いが同じようなので、悩んでしまっています。それならどうすればよいのでしょうか。」と言うのだが、


そのかみ、生田の川のつらに、女、平張(ひらばり)をうちて けり

そのかみ=名詞、その当時、その折。昔、過去

つら=名詞、そば、ほとり

ゐ=ワ行上一動詞「居(ゐ)る」の連用形、上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

その当時、女は生田川のほとりに、平張(平らに張った仮屋)建てて住んでいた。


かかれば、そのよばひ人どもを呼びにやりて、親のいふやう、

かかれば=接続詞、このようであるから、だから

やり=ラ行四段動詞「やる」の連用形、(人などを)送る、派遣する

このようであるから、その求婚している人たちを呼びにやって、親が言うには、


「たれも御心ざしの同じやうなれ、この幼き者なむ思ひわづらひてはべる。今日いかにまれ、このことを定め 

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

はべる=補助動詞ラ行四段「侍り」の連体形、丁寧語。言葉の受け手(聞き手)である男達を敬っている。

いかにまれ=「いかにもあれ」が変化したもの

て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

「どちらもお気持ちは同じようでございますので、このいたらぬ娘が思い悩んでおります。今日はどうあっても、この事について決めてしまいましょう。


あるは遠き所よりいまする人あり。あるはここながらそのいたつきかぎりなし。これもかれもいとほしきわざなり。」

ある=ラ変動詞「あり」の連体形。直後に体言である「人・者」などが省略されているため連体形(体言に連なる形)となっている。

いまする=サ変動詞「います」の連体形。「あり」の尊敬語、いらっしゃる。動作の主体である和泉の国の男(茅渟)を敬っている。

ながら=接続助詞、次の①の意味で使われている。
①そのままの状態「~のままで」例:「昔ながら」昔のままで
②並行「~しながら・~しつつ」例:「歩きながら」
③逆接「~でも・~けれども」 例:「敵ながら素晴らしい」
④そのまま全部「~中・~全部」例:「一年ながら」一年中

いたつき(労き・病き)=名詞、苦労、骨折り。病気

いとほしき==シク活用の形容詞「いとほし」の連体形、かわいそうだ、気の毒だ、不憫だ

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

一方は遠い所からいらっしゃる人です。もう一方はこの土地(摂津)の人ですが、その苦労はこの上ないほどです。どちら非常に気の毒なことです。


という時に、いとかしこくよろこびあへ

かしこく=ク活用の形容詞「かしこし」の連用形、はなはだしい、たいそう、とても

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

と言うと、(二人の男は)たいそう喜び合った。


続きはこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』解説・品詞分解(2)

問題はこちら大和物語『生田川(いくたがわ)』問題1

大和物語『生田川(いくたがわ)』まとめ