古今著聞集『衣のたて』問題1

解答はこちら古今著聞集『衣のたて』問題1の解答


伊予守源頼義の朝臣、貞任・宗任らを攻むる間、陸奥に十二年の春秋を送りけり。

鎮守府を発ちて、秋田の城に移りけるに、雪、はだれに降りて、 軍の男どもの鎧みな白妙になりにけり。

衣川の館、岸高く川ありければ、盾をいただきて甲に重ね、筏を組みて攻め戦ふに、貞任ら耐へずして、つひに城の後ろより逃れ落ちけるを、一男八幡太郎義家、衣川に追ひたて攻め伏せて、「きたなくも、後ろをば見するものかな。しばし引き返せ。もの言は。」と言はれたりければ、貞任見返りたりけるに、

衣のたては  ほころびにけり

言へりけり。貞任くつばみをやすらへしころを振り向けて、

年を経  糸の乱れの  苦しさに

と付けたりけり。そのとき義家、はげたる矢をさし外して帰りにけり。さばかりの戦ひの中に、やさしかりけることかな。


問題1.①陸奥、②白妙、の漢字の読みを答えよ。



問題2.⑤む、⑥ける、⑦けり、⑨し、の助動詞の文法的意味として、「ア~シ」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。
ア.使役  イ.尊敬  ウ.過去  エ.詠嘆  オ.完了  カ.打消  キ.推量  ク.意志  ケ.勧誘  コ.婉曲  サ.受身  シ.尊敬  





問題3.③いただく、⑪やさし、のここでの意味を答えよ。



問題4.「⑧言へりけり」を例にならって品詞分解し、説明せよ。

例:「い は/れ/ず。」
いは=動詞・四段・未然形
れ=助動詞・受身・未然形
ず=助動詞・打消・終止形

⑧品詞分解:「言 へ り け り」


問題5.「④後ろをば見するものかな」、の現代語訳を答えよ。


問題6.「衣のたては  ほころびにけり」について、例にならって、掛詞をあげて説明せよ。また、現代語訳せよ。

(例:「かれ」に「離れ」と「枯れ」が掛けられている。)

掛詞(1):

現代語訳:


問題.7「⑩そのとき義家、はげたる矢をさし外して帰りにけり」とあるが、このような行動をとった理由として最も適当なものを次のア~エの中から選んで答えよ。

ア.戦いの最中に和歌を詠めるほどの余裕がある貞任に驚き、かなわないと思ったため。
イ.自分の詠みかけた和歌に対し、即座に応じることができた貞任のたしなみの深さに感心したから。
ウ.自分の詠みかけた和歌よりも優れた返歌をしたため、その場に居るのがいたたまれなくなったから。
エ.和歌で詠まれている通り、貞任の衣服がぼろぼろでみすぼらしくなっているのを見て、同情したから。


解答はこちら古今著聞集『衣のたて』問題1の解答