読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十訓抄『大江山』問題(1)

解答はこちら十訓抄『大江山』問題(1)の解答


 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、

小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、

小式部内侍、にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなくおぼすらん。」と言ひて、

局の前を過ぎられけるを、御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へ


大江山  いくのの道の  遠ければ  まだふみもみず  天の橋立


と詠みかけけり。思はずにあさましくて、「こはいかに、かかるやうやはある。」とばかり言ひて、

返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。



問題1.③局、⑧御簾、⑩直衣、の漢字の読みを答えよ。




問題2.②たはぶる、⑥心もとなし、⑬あさまし、⑯おぼえ、のここでの意味を答えよ。





問題3.①あり、④遣はし、⑤参り、⑦過ぎ、⑨出で、⑪控へ、⑰出で来、の活用の種類と活用形を答えよ。

(例:流るる=ラ行四段活用、連体形)
①あり=
④遣はし=
⑤参り=
⑦過ぎ=
⑨出で=
⑪控へ=
⑰出で来=


問題4.次のア~ウの中で使われている「ず」において、他の二つとは異なる用法のものを一つ選びなさい。

ア.まだふみもみず
イ.思はずに
ウ.返歌にも及ばず


問題5.「⑫大江山  いくのの道の  遠ければ  まだふみもみず  天の橋立」の歌について、例にならって、掛詞を2つあげて説明せよ。また、現代語訳せよ。

(例:「かれ」に「離れ」と「枯れ」が掛けられている。)

掛詞(1):

掛詞(2):

現代語訳:


問題6.「⑭こはいかに、かかるやうやはある。」と発言した定頼の心情を説明せよ。

説明:


問題7.「⑮返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。」という行動を定頼がした理由を答えよ。

理由:


解答はこちら十訓抄『大江山』問題(1)の解答