古今著聞集『衣のたて』 解説・品詞分解

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」
編者:橘成季(たちばなのなりすえ)
原文・現代語訳のみはこちら古今著聞集『衣のたて』 現代語訳

問題はこちら古今著聞集『衣のたて』問題1


 伊予守(いよのかみ)源頼義(よりよし)の朝臣(あそん)、貞任(さだたふ)・宗任(むねたふ)らを攻むる間、陸奥(みちのく)に十二年の春秋を送りけり

攻むる=マ行下二「攻む」の連体形

春秋(しゅんじう)=名詞、(春と秋で一年を代表させて)年月、歳月

けり=過去の助動詞「けり」の終止形

伊予守 源頼義の朝臣は、安倍貞任・宗任らを攻める間、陸奥で十二年の月日を送った。
※日本史で習う前九年の役(前九年合戦)の事。実際は九年間ではなく、このように十二年間にわたって戦いが行われたとされている。


鎮守府を発(た)ちて、秋田の城に移りけるに、雪、はだれに降りて、 軍(いくさ)の男どもの鎧みな白妙(しろたへ)になり けり

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

はだれに=ナリ活用の形容動詞「斑(はだれ)なり」の連用形、斑であるさま、雪がはらはらと薄く降り積もるさま

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

鎮守府を出発して、秋田の城に移ったところ、雪がはらはらとまだらに降って、軍の男たちの鎧はすっかり白くなってしまった。


衣川の館、岸高く川ありけれ 、盾をいただきて甲(かぶと)に重ね、筏(いかだ)を組みて攻め戦ふに、

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

いただき=カ行四段動詞「頂く・戴く」連用形、頭の上に乗せる、「もらふ・飲む・食ふ」の謙譲語

(安倍貞任・宗任らの拠点である)衣川の城は、岸の高い川の近くにあったので、(源頼義らの軍は)盾を頭上にかかげて甲の上に重ね、筏を組んで攻めたてたところ、


貞任ら耐へして、つひに城の後ろより逃れ落ちけるを、一男(いちなん)八幡(はちまん)太郎義家、衣川に追ひたて攻め伏せて、

ず=打消しの助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

より=格助詞、起点「~から」

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

貞任らは耐えられなくて、とうとう城の後ろから逃げて行ったのを、(源頼義の)長男の八幡太郎義家は、衣川に追い詰め攻撃して、


きたなくも、後ろを 見するものかな。しばし引き返せ。もの言は。」と言は たり けれ 

きたなく=ク活用の形容詞「きたなし」の連体形、卑怯だ、見苦しい。けがれている。

ば=強調の係助詞。意味は強調なので無視して訳す。

見する=サ行下二動詞「見す」の連体形、見せる

かな=詠嘆の終助詞

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

「卑怯にも、後ろ姿を見せるものだよ。ちょっと引き返せ。言いたいことことがある。」と(義家は)お言いになったので、


貞任見返りたり けるに、

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

貞任が振り返ったところ、




衣のたては  ほころびにけり

たて=掛詞、縦糸の「縦」と衣川の「館」が掛けられている。

ほころび=バ行上二動詞「ほころぶ」の連用形、縫い目がとける、ほつれる

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。「けり」は過去の意味で使われることがほとんどだが、①和歌での「けり」②会話文での「けり」③なりけりの「けり」では詠嘆に警戒する必要がある。①はほぼ必ず詠嘆だが、②③は文脈判断

※掛詞=同音異義を利用して、一つの語に二つ以上の意味を持たせたもの。
掛詞の見つけ方(あくまで参考に、いずれも必ずではありません。)
①ひらがなの部分
②和歌に至るまでの経緯で出て来た単語
③地名などの固有名詞

衣の縦糸がほころびるように、衣川の館も崩れてしまった。



と言へ けり。貞任くつばみやすらへ、しころを振り向けて、

り=完了の助動詞「り」の連用形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

くつばみ=名詞、馬の口にかませる金具。轡(くつわ)とも言う。

やすらへ=ハ行下二動詞「休(やす)らふ」の連用形、休ませる。ゆるめさせる

と(義家は)言った。貞任は馬のくつわを緩め、甲のしころを振り向けて、




年を経(へ)し  糸の乱れの  苦しさに

経(へ)=ハ行下二動詞「経(ふ)」の連用形、(時間が)経つ、過ぎる

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

いと=掛詞、「糸」と「意図(作戦)」が掛けられている

長い年月を経て糸が乱れがひどくなるように、長年にわたる作戦の乱れがひどいので



と付けたり けり。そのとき義家、はげ たる矢をさし外して帰り けり

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

はげ=ガ行下二動詞「矧(は)ぐ」連用形、弓に矢をつがえる、弓の弦に矢を当てる

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

と(貞任は義家の詠みかけに)付け加えた。そのとき義家は、弓の弦にあててかまえていた矢を外して帰ってしまった。


さばかりの戦ひの中に、やさしかり けることかな

さばかり=副詞、それほど、そのくらい。それほどまでに。「さ」と「ばかり」がくっついたもの。「さ」は副詞で、「そう、そのように」などの意味がある。

やさしかり=シク活用の形容詞「やさし」の連用形、優雅だ、上品だ。身が痩せる細るようだ、つらい。

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

かな=詠嘆の終助詞

それほどの戦いの中で、(義家と貞任は)優雅であったことだよ。
※戦いは十二年間にもおよび、雪の中戦い、川の中に入り盾でいかだを作り攻め戦う様子は、本文中にも書かれている通りであり、激しい戦いであったことが分かる。それ程の戦いのなかで、義家と貞任は歌のやり取りをするほど優雅な振る舞いであった。


古今著聞集『衣のたて』問題1