伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』解説・品詞分解

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」
原文・現代語訳のみはこちら伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』現代語訳


むかし、男ありけり。女  得(う) まじかり けるを、

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続(直前に来る活用形)は連用形

の=格助詞、用法は同格。「で」に置き換えて訳すと良い。「女え得まじかりけるを」→「女自分の物にできそうになかったを、」

え=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない。」

得=ア行下二動詞「得(う)」の終止形。ア行下二段活用の動詞は「得(う)」・「心得(こころう)」・「所得(ところう)」の3つしかないと思ってよいので、大学受験に向けて覚えておくとよい。

まじかり=打消推量の助動詞「まじ」の連用形、接続は終止形(ラ変は連体形)。

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

昔、ある男がいた。女で自分のものに出来そうもなかった(高貴な身分の)女を、


年を経(へ)よばひわたり けるを、

経(へ)=ハ行下二動詞「経(ふ)」の連用形、(時間が)経つ、過ぎる

よばひわたり=ラ行四段動詞「よばひわたる」の連用形、求婚し続ける。「よばふ」と「わたる」がくっついて一つの動詞になったもの
よばふ=呼び続ける、求婚する。(古典において、当時は女性の名を呼ぶことはプロポーズであった。よって、名前を呼び続ける=求婚するという意味で用いられるようになった。)「よぶ(バ行四段動詞)+ふ(継続の助動詞)」で「よばふ」と言う言葉が生まれた。「ふ」は奈良時代の助動詞
わたる=動作の継続を表す補助動詞。ラ行四段。~しつづける

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

長年求婚し続けていたが、


からうじて盗み出(い)でて、いと暗き来(き)  けり

からうじて=副詞、かろうじて、やっとのことで。「辛くして」が音便化したもの

暗き=ク活用の形容詞「暗し」の連体形。直後に体言である「夜・時」などが省略されているために連体形(体言に連なる形)となっている

来(き)=カ変動詞「来(く)」の連用形。直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「来(き)」と読む。

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

やっとのことで盗み出して、たいそう暗い夜に(連れ出して逃げて)来た。


芥川といふ川を率(ゐ)て行きけれ 、草の上に置きたり ける露を、

率(ゐ)=ワ行上一動詞「率(ゐ)る」の連用形。率(ひき)いる、引き連れていく。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

芥川という川のほとりを引き連れて行ったところ、(女は)草の上に降りている露を見て、


「かれは何」となむ男に問ひける

ぞ=係助詞、ここでは問いかけを表している。

なむ=強調の係助詞、結び(文末)は連体形となる。係り結び。係り結びとなる係助詞は「ぞ・なむ・や・か・こそ」とあるが、結びが連体形となるのは「ぞ・なむ・や・か」、「こそ」の結びは已然形となる。「ぞ・なむ・こそ」は強調の意味である時がほとんどで、訳す際には無視して訳す感じになる。「となむ男に問ひける。」→「と男に問ひけり。」

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」を受けて連体形となっている。係り結び

「あれは何ですか。」と男に尋ねた。


行く先多く、夜もふけ  けれ 、鬼ある所とも知ら

ふけ=カ行下二動詞「更(ふ)く」の連用形

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

で=打消の接続助詞、接続(直前に来る活用形)は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

(これから)行く先の道は遠く、夜も更けてしまったので、鬼の住む場所とも知らないで、


 さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りけれ 

神=名詞、ここでは雷の意味。ほかに、神、天皇、恐ろしいもの

さへ=副助詞、~までも

いみじう=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形が音便化したもの。良い意味でも悪い意味でも程度がひどい。すばらしい、ひどい

いたう=ク活用の形容詞「甚(いた)し」の連用形が音便化したもの、(良い意味でも悪い意味でも)程度がひどい

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

雷までもたいそうひどく鳴り、雨もひどく降ってきたので、


あばらなる倉に、女を奥におし入れて、男、弓、胡籙(やなぐひ)を負ひて戸口に居(を)り

あばらなる=ナリ活用の形容動詞「荒(あば)らなり」の連体形、荒れ果てているさま。隙間の多いさま。

ば=強調の係助詞、意味が「強調」なので訳す際は無視してよい。

胡籙(やなぐひ)=名詞、矢を入れて背中に負う武具

居(を)り=ラ変動詞「居(を)り」の終止形。いる、存在する。座っている。ラ行変格活用の動詞は「あり」「居(を)り」「侍(はべ)り」「いまそかり・いますかり」

荒れ果てている倉に、女を奥に押し入れて、男は、弓を持ち胡籙(やなぐい)を背負って、蔵の戸口に(番をして見張って)いた。


はや夜も明け なむと思ひつつ  たり けるに、

明け=カ行下二動詞「明く」の未然形。直後に願望の終助詞があるため未然形となっている。

なむ=願望の終助詞。~てほしい、~てもらいたい

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは③並行「~しながら」の意味。

ゐ=ワ行上一動詞「居(ゐ)る」の連用形。すわる。とまる、とどまる。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

早く夜が明けてほしいと思いながら座っていたところ、


鬼はや一口に食ひ けり

て=完了の助動詞「つ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形。

鬼は早くも一口で(女を)食ってしまった。


あなや」と言ひけれ 、神鳴るさわぎに、聞かざり けり

あなや=感動詞、あれえ、ああ

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ど=逆接の接続助詞、接続(直前に来る用言の活用形)は已然形

え=副詞、下に打消の表現を伴って「~できない。」

ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

「あれえ」と(女は叫んで)言ったが、雷のなるさわがしさのために、(男は女の叫び声を)聞く事が出来なかった。


やうやう夜も明けゆくに、見れ 率(ゐ)来(こ) 女もなし

やうやう=副詞、だんだん、しだいに

見れ=マ行上一動詞「見る」の已然形。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして②の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

率(ゐ)=ワ行上一動詞「率(ゐ)る」の連用形。率(ひき)いる、引き連れていく。上一段活用の動詞は「{ ひ・い・き・に・み・ゐ } る」と覚える。

来(こ)=カ変動詞「来(く)」の未然形。

し=過去の助動詞「き」の連体形。接続は連用形だが、直前にカ変動詞「来」を置くときは、例外的に「来」を未然形にする。ただし「来(き)し方」と言う時は「来」を連用形にする。「来し方」の意味は「過去、過ぎ去った時」である。

なし=ク活用の形容詞「無し」の終止形

しだいに夜も明けてきたので、(倉の中を)見ると、連れて来た女もいない。


足ずりをして泣けどもかひなし

足ずり=名詞、(怒りや悲しみで)じだんだを踏むこと

ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。~けれども

かひなし=ク活用の形容詞「甲斐(かひ)なし」の終止形、どうしようもない、効果がない、むだだ

(男は)じだんだを踏んで泣いたけれども、どうしようもない。(そして、男は次のような歌を詠んだ。)



白玉か  なにぞと人の  問ひしとき  露と答へて  消えなましものを

か=疑問の係助詞

ぞ=係助詞、問いかけを表している。

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

消え=ヤ行下二動詞「消ゆ」の連用形。「消え」は「露」の縁語である。また、ここでは「死ぬ」と言う意味で使われている。現代語でもそうだが、古典において「死ぬ」という言葉を直接使うことは避けるべきこととされており、「亡くなる・いたずらになる・隠る」などと言ってにごす。

な=強意の助動詞「ぬ」の未然形。基本的に助動詞「つ・ぬ」は完了の意味だが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などがくると「強意」の意味となる。

まし=反実仮想の助動詞「まし」の連体形、接続は未然形。反実仮想とは事実に反する仮想である。

ものを=詠嘆の終助詞、~のになあ、~のだがなあ

「あれは白玉(真珠)ですか、何かしら。」とあの人が尋ねたときに、「あれは露ですよ。」と答えて、(その露が消えるように自分も)消えてしまったらよかったのになあ。(そうすればこんな悲しまなくて済んだのに。)

※縁語…ある言葉と意味上の縁のある言葉。ある言葉から連想できる言葉が縁語。
例:「舟」の縁語は「漕ぐ」「沖」「海」「釣」など

この和歌では、「露」の縁語として「消え」が用いられている。


※伊勢物語は和歌を中心として組み立てられた歌物語であり、主人公である「男」とは六歌仙のひとり「在原業平」がモデルとなっていると考えられている。


問題はこちら伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』問題