大和物語『姨捨(をばすて)』解説・品詞分解

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」
原文・現代語訳のみはこちら大和物語『姨捨』現代語訳


信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に親死に けれ をば なむ親のごとくに、若くよりあひ添ひあるに、

死に=ナ変動詞「死ぬ」の連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

をば=名詞、伯母、親の姉

なむ=強調の係助詞。結びは連体形となるはずであるが、「あるに、」となって、接続助詞「に」が付いているせいで『係り結びの消滅』が起こっている。

あひ添ひ=ハ行四段動詞「あひ添ふ」の連用形、付き添う、付き添って世話をする、一緒に生活する

ある=ラ変動詞「あり」の連体形、本来ならば係助詞「なむ」の結びとなるはずだが、接続助詞「に」が付いているせいで『係り結びの消滅』が起こっている。

信濃の国で更級という所に、男が住んでいた。若い時に親が死んだので、おばが親のように、若い時から付き添って(世話をして)いたが、


この妻(め)の心憂きこと多くて、この姑の、老いかがまり たるを常に憎みつつ

心憂き=ク活用の形容詞「心憂し」の連体形、気にかかる、いやだ、不愉快だ

老いかがまり=ラ行四段動詞「老いかがまる」の連用形、年老いて腰が曲がる

ゐ=ワ行上一動詞「居(ゐ)る」の連用形

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、の意味があり、ここでは②継続「~し続けて」の意味だと思われるが、①の可能性もある。

この(男の)妻にとっての気に食わないことが多くて、この姑が、年老いて腰が曲がっているのを常に憎み続けて、


男にもこのをばの御心のさがなく あしきことを言ひ聞かせ けれ 、昔のごとくにもあらおろかなること多く、このをばのためになりゆき けり

さがなく=ク活用の形容詞「さがなし」の連用形、性質がよくない、意地が悪い、たちが悪い

あしき=シク活用の形容詞「悪(あ)し」の連体形、良くない、悪い、卑しい

言ひ聞かせ=サ行下二動詞「言ひ聞かす」の連用形、言って聞かせる、分かるように説明する

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

おろかなる=ナリ活用の形容動詞「おろ(疎・愚)かなり」の連体形、おろそかだ、いいかげんだ

なりゆき=カ行四段動詞「成り行く」の連用形、次第にそうなっていく

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

男にもこのおばのお心の性質が良くないことを言って聞かせたので、昔のようにもなく、(男もおばに対して)おろそかにすることが多く、このおばに対して次第にそうなっていった。


このをば、いといたう 老いて、二重にてゐたり

いたう=ク活用の形容詞「甚(いた)し」の連用形が音便化したもの、(良い意味でも悪い意味でも)程度がひどい

老い=ヤ行上二動詞「老ゆ」の連用形。ヤ行上二段活用の動詞は「老ゆ・悔ゆ・報ゆ」の3つだけだと思って、受験対策に覚えておいた方がよい。

たり=存続の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

このおばは、たいそうひどく年老いて、(腰が折れ曲がって)二重になっていた。


これをなほ、この嫁、ところせがりて、今まで死なことと思ひて、よからことを言ひつつ

ところせがり=ラ行四段動詞「所狭がる」の連用形、やっかいに思う、窮屈がる

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形。

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、の意味があり、ここでは①反復「~しては~」の意味だと思われる。

これをやはり、この嫁はやっかいに思って、今まで(よくもまあ)死なないことと思って、(男に対しておばの)良くないことを言っては、


「もていまして、深き山に捨てたうび てよ。」 とのみ責めけれ 

いまし=サ変動詞「います」の連用形。「行く」の尊敬語として使われている。

たうび=補助動詞バ行四段「たうぶ」の連用形、尊敬語。「給ふ」の発音だけが変化したもの。動作の主体である男を敬っている。

てよ=完了の助動詞「つ」の命令形、接続は連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

「(おばを)連れてお行きになって、深い山奥にお捨てになってしまってください。」とばかり責めたので、


責められ わびて、   と思ひなり

られ=受身の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

わび=バ行上二動詞「侘ぶ(わぶ)」の連用形、困る、つらいと思う、寂しいと思う

さ=副詞、そのように、そう

し=サ変動詞「す」の連用形、する

て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。「つ・ぬ」は「完了・強意」の二つの意味があるが、直後に推量系統の助動詞「む・べし・らむ・まし」などが来るときには「強意」の意味となる

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

(男は)責められ困って、そのようにしてしまおうと思うようになった。


月のいと明かき夜、「 ども、いざ給へ。寺に尊きわざ  なる、見せ奉ら 。」

嫗(おうな)=名詞、おばあさん

ども=接尾語、呼びかけを意味する

給へ=ハ行四段動詞「給ふ」の命令形。尊敬語。ここでは「いらっしゃい」と言う意味で使われている。動作の主体であるおばを敬っている。

わざ=名詞、仏事、法事、法会。おこなひ、動作、しわざ、仕事

す=サ変動詞「す」の終止形、する

なる=伝聞の助動詞「なり」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。この「なり」には「伝聞・推定」の二つの意味がある。直前に終止形が来ているため「断定・存在」の助動詞「なり」ではない。この「なり」の「推定」は音を根拠に行う推定であり、音声を表すような言葉が前に出てきていないことから「伝聞」の意味だろうと判断できる。

奉ら=補助動詞ラ行四段「奉(たてまつ)る」の未然形、謙譲語。動作の対象(見せられる人)であるおばを敬っている。

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

月がたいそう明るい夜、「おばあさんよ、さあいらっしゃい。寺で尊い法会をするということです。お見せしましょう。」


と言ひけれ 、限りなく喜びて負は  けり

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。「る」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味があるがここは文脈判断。

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

と(男が)言ったので、(おばは)この上なく喜んで背負われた。


高き山のふもとに住みけれ 、その山にはるばると入りて、高き山の峰おり来(く) べくもあらに、置きて逃げて来(き) 

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

の=格助詞、用法は同格。「高き山の峰、下り来べくもあらぬに」→「高い山、下りて来れそうもない所(峰)に」

おり来(く)=カ変動詞「下(お)り来(く)」の終止形。直後に接続が終止形となる助動詞「べし」が来ているため終止形となり、「く」と読む。

べく=可能の助動詞「べし」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。基本的に文脈判断。

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形。直後に体言である「所(峰)」が省略されているので連体形となっている。

来(き)=カ変動詞「来(く)」の連用形。直後に接続が連用形となる助動詞「ぬ」が来ているため連用形となり、「き」と読む。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。この「ぬ」は文末に来ており、係助詞も見当たらないため終止形だと判断できるので、打消の助動詞「ず」の連体形「ぬ」ではないと分かる。

高い山のふもとに住んでいたので、その山にはるばると入って、高い山の峰で、下りて来られそうもない所に、(おばを)置いて逃げてきた。


やや。」 と言へいらへ 、逃げて家に来て思ひをるに、

やや=感動詞、呼びかけるときに使う言葉、これこれ、おいおい、もしもし

ど=逆接の接続助詞、接続は已然形

答へ/応へ(いらへ)=名詞、返事、返答。

せ=サ変動詞「す」の未然形

で=打消の接続助詞、接続は未然形。「ず(打消しの助動詞)+して(接続助詞)」→「で」となったもの。

をる=ラ変の補助動詞「をり」の連体形。動作・状態の存続を表す。~ている

「おいおい。」と言うけれども、返事もしないで、逃げて家に帰ってきて考えていると、


言ひ腹立て ける をりは、腹立ちかく  つれど、

腹立て=タ行下二動詞「腹立つ」の連用形、腹を立てさせる、怒らせる
腹立ち=タ行四段動詞「腹立つ」の連用形、腹が立つ、怒る
※四段と下二段の両方になる動詞があり、下二段になると「使役」の意味が加わる。
例:「慰めかねつ」→「心を慰められなかった」慰め(下二・連用形)
「慰みかねつ」→「心が安まらなかった」慰み(四段・連用形)

 

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

折(をり)=名詞、時、場合、機会

斯く(かく)=副詞、このように、こう。ここではおばを山奥に捨ててきたことを指している

し=サ変動詞「す」の連用形

つれ=完了の助動詞「つ」の已然形、接続は連用形

(妻が姑の悪口を)言って腹を立てさせたときは、腹が立ってこのようにしてしまったが、


年ごろ親のごと養ひつつあひ添ひ けれ 、いと悲しくおぼえ けり

年ごろ=名詞、長年

ごと=比況の助動詞「ごとし」の語幹、~のように

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、の意味があり、ここでは②継続「~し続けて」の意味だと思われる。

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ(おぼゆ)」の連用形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。訳:「(自然と)思われて」

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

長年親のように(男を)養い続け、一緒に生活してきたので、たいそう悲しく思われた。


この山の上より、月もいと限りなくあかく出でたるながめて、夜ひと夜 られ 

あかく=ク活用の形容詞「明かし」の連用形

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

ながめ=マ行四段動詞「眺む(ながむ)」の連用形。「眺む」は物思いにふけるといった意味もある。「詠む(ながむ)」だと詩歌などを読む、つくるといった意味もある。また、名詞「長雨(ながめ)」などもあり、和歌での掛詞に注意すべき単語である。

夜一夜(よひとよ)=名詞、一晩中。対義語「日一日(ひひとひ)」。副詞ではあるが「夜(よ)もすがら」=「一晩中」というのもある。「夜もすがら」⇔「日もすがら」

寝(い)=名詞、単独では使われず、動詞の「寝(ぬ)」とともに用いられる。あまり気にしなくて良い。
寝(ね)=ナ行下二段動詞「寝(ぬ)」の未然形

られ=可能の助動詞「らる」の未然形、接続は未然形。「らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の四つの意味がある。平安以前では下に打消が来て「可能」の意味で用いられた。平安以前では「可能」の意味の時は下に「打消」が来るということだが、下に「打消」が来ているからといって「可能」だとは限らない。鎌倉以降は「る・らる」単体でも可能の意味で用いられるようになった。

ず=打消しの助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

この山の上から、月がたいそうこの上なく明るく出ているのを眺めて、一晩中寝られず、


悲しうおぼえ けれ かく詠みたり ける

おぼえ=ヤ行下二段動詞「思ゆ(おぼゆ)」の連用形。「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。訳:「(自然と)思われて」

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

斯く(かく)=副詞、このように、こう

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

悲しく思われたので、このように詠んだ。


わが心  なぐさめかね   更級  姨捨山に  照る月を見て

なぐさめかね=ナ行下二段動詞「慰め兼ぬ」の連用形、慰め(連用形)に接尾語「かぬ」が付いたもの。「かぬ」が付くと「~できない・~するのが難しい」の意味が加わる。現代で「~しかねます。」と言ったりするのと同じものである。

つ=完了の助動詞「つ」の終止形、接続は連用形。ここが終止形であるので、この和歌は二句切れである。

や=間投助詞、ここでの意味は詠嘆

私の心を慰めることができない。更級の姨捨山に照る月を見ていると。



と詠みてなむ、また行きて迎へもて  ける。それよりのちなむ、姨捨山と言ひける

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

来(き)=カ変動詞「来(く)」の連用形。直後に接続は連用形となる助動詞「ぬ」が来ているため連用形となるので「来(き)」と読む。

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」があるため連体形となっている。係り結び。

と詠んで、また(山へ戻って)行って(おばを)迎え連れてきた。それより後、(この山を)姨捨山と言うようになった。


なぐさめがたしとは、これが  なむありける

なぐさめがたし=ク活用の形容詞「慰め難し」の終止形。慰め難い

由=名詞、物事のいはれ、由来、由緒

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

なむ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「なむ」があるため連体形となっている。係り結び。

「慰め難い」と(言う時、姨捨山を引き合いに出すの)は、このようなことが由来であるのだ。


大和物語『姨捨』品詞分解のみ(1)

大和物語『姨捨』問題1

大和物語『姨捨』まとめ