平家物語『木曾の最期』(1)現代語訳(巴との別れ)

「黒=原文」・「青=現代語訳」

改訂・追加版はこちら平家物語『木曾の最期』まとめ

解説・品詞分解はこちら平家物語『木曾の最期』(1)解説・品詞分解


木曾左馬頭(きそのさまのかみ)、その日の装束には、赤地の錦の直垂(ひたたれ)に、唐綾縅(からあやおどし)の鎧着て、鍬形(くはがた)打つたる甲(かぶと)の緒締め、いか物づくりの大太刀はき、石打ちの矢の、その日のいくさに射て少々残つたるを、頭高(かしらだか)に負ひなし、滋籘(しげどう)の弓持つて、聞こゆる木曾の鬼葦毛(おにあしげ)といふ馬の、きはめて太うたくましいに、金覆輪(きんぶくりん)の鞍(くら)置いてぞ乗つたりける。

木曾左馬頭は、その日の服装には、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧を着て、鍬形を打ち付けた甲の緒を締めて、厳めしく作りの大太刀を腰につけ、石打ちの矢がその日の戦いで射て少し残っているのを、頭上に高く出して背負うようにして、藤をしげく巻き付けた弓を持って、有名な木曾の鬼葦毛という馬で、きわめて太くたくましい馬に金覆輪の鞍を置いて乗ったのだった。


鐙(あぶみ)ふんばり立ち上がり、大音声をあげて名のりけるは、「昔は聞きけんものを、木曾の冠者(かんじゃ)、今は見るらん、左馬頭兼 伊予守(いよのかみ)、朝日将軍源義仲ぞや。

鐙に足をかけて踏ん張って(馬の上に)立ち上がり、大声を上げて名のったことには、「昔聞いただろうが、(この私)木曾の冠者を、(お前は)いま見ているだろう。(私が)左馬頭兼 伊予守、朝日将軍源義仲であるぞ。


甲斐の一条次郎とこそ聞け。互によいかたきぞ。義仲討つて兵衛佐(ひょうえのすけ)に見せよや」とて、をめいて駆く。

(お前は)甲斐の一条次郎だと聞く。互いに良い(相手となる)敵だ。(この私)義仲を討って兵衛佐(源頼朝のこと)に見せよ。」と言って、大声を上げて馬で駆ける。


一条次郎、「ただいま名のるは大将軍ぞ。余す な者ども、もらすな若党、討てや」とて、大勢の中に取りこめて、われ討つ取らんとぞ進みける。

一条次郎は、「ただ今名のったのは大将軍(義仲のこと)だぞ。(敵を)残すな者ども、取り逃すな若者ども、討て。」と言って、大勢の中に(義仲の軍を)取り囲んで、我こそ討ち取ろうと進んだ。


木曾三百余騎、六千余騎が中を縦さま・横さま・蜘蛛手(くもで)・十文字に駆け割つて、後ろへつつと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。

木曾の三百余騎は、六千余騎の敵軍の中を、縦・横・八方・十字に駆け入って、後方へつっと出たところ、五十騎ほどになっていた。


そこを破つて行くほどに、土肥次郎実平(どいのじろうさねひら)二千余騎で支へたり。

そこを突破して行くうちに、土肥次郎実平が二千騎ほどで(義仲らの行く手を)はばんでいた。


それをも破つて行くほどに、あそこでは四、五百騎、ここでは二、三百騎、百四、五十騎、百騎ばかりが中を駆け割り駆け割り行くほどに、主従五騎にぞなりにける。

それをも破って行くうちに、あそこでは四、五百騎、ここでは二、三百騎、また百四、五十騎、さらに百騎ほどの中を何度も駆け破って行くうちに、主従(主と家来)合わせて五騎になってしまった。


五騎がうちまで巴は討たれざりけり。

五騎までになっても巴は討たれなかった。


木曾殿、「おのれは疾(と)う疾う、女なれば、いづちへも行け。われは討死(うちじに)せんと思ふなり。

木曽殿は、「お前は女であるから、どこへでもさっさと逃げて行け。私は討ち死にをしようと思うのだ。


もし人手にかからば自害をせんずれば、

もし人手にかかるならば自害をするつもりなので、


『木曾殿の、最後のいくさに女を具せられたりけり』なんど言はれんことも、しかるべからず」とのたまひけれども、

『木曾殿の最後の戦いに女を連れていらっしゃった。』などと言われるとしたらそのようなことも、残念だ。」とおっしゃったけれども、
※このあたりの義仲の発言は巴を死なせないための口実であって、巴にここで死なず幸せになってほしいというのが義仲の本心だと考えられる。



なほ落ちも行かざりけるが、あまりに言はれ奉りて、

(巴は)それでも逃げて行かなかったが、あまりに言われて、


「あつぱれ、よからう敵(かたき)がな。最後のいくさして見せ奉らん」とて、控へたるところに、

「ああ、良い敵がいればなあ。最後の戦いをして見せ申し上げよう。」といって、待っているところに、


武蔵国に聞こえたる大力(だいぢから)、御田八郎師重(おんだのはちらうもろしげ)、三十騎ばかりで出で来たり。

武蔵国で有名な大力の御田八郎師重が、三十騎ほど連れて出て来た。


巴、その中へ駆け入り、御田八郎に押し並べ、むずと取つて引き落とし、わが乗つたる鞍(くら)の前輪(まへわ)に押しつけて、ちつとも動かさず、首ねぢ切つて捨ててんげり。

巴は、そのなかに駆け入り、御田八郎に馬を押し並べ、むんずと(力を込めて)引き落とし、自分の乗っている馬の鞍の前輪に押しつけて、少しも身動きさせず、首をねじ切って捨ててしまった。


その後物の具脱ぎ捨て、東国の方(かた)へ落ちぞ行く。手塚太郎(てづかのたろう)討死す。手塚別当(てづかのべつたう)落ちにけり。

その後、武具を脱ぎ捨てて、東国の方へ逃げ落ちて行った。(ちなみにこの時、)手塚太郎は討ち死にした。手塚別当は逃げ落ちた。


改訂・追加版はこちら平家物語『木曾の最期』まとめ

平家物語『木曾の最期』(1)解説・品詞分解

問題はこちら平家物語『木曾の最期』(1)問題1