平家物語『能登殿の最期』(2)解説・品詞分解(平教経vs源義経in壇ノ浦)

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」
原文・現代語訳のみはこちら平家物語『能登殿の最期』(2)現代語訳


判官も先に心得て、表に立つやう けれ どもとかく違ひて、能登殿には組ま 

心得(こころえ)=ア行下二段活用の動詞「心得(こころう)」の連用形。理解する、悟る。ア行下二段活用の動詞は「得(う)」・「心得(こころう)」・「所得(ところう)」の3つしかないので、大学受験に向けて覚えておくとよい。

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

し=サ変動詞「す」の連用形。する。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ども=逆接の接続助詞、接続(直前に付く用言の活用形)は已然形である。

とかく=副詞、あれやこれやと、何かと

れ=尊敬の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。動作の主体である判官(義経)を敬っている。

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

判官(源義経)も前もって気づいていて、(能登殿の)正面に立つようにはしていたが、何かと行き違うようにして、組みなさらなかった。


されどもいかがたり けん、判官の船に乗り当たつて、「あはや」と目をかけて飛んでかかるに、

いかが=副詞、どのように…か、どう…か

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

けん=過去推量の助動詞「けむ」の連体形の音便化したもの、接続は連用形。「いかが」を受けて係り結び。

あはや=感動詞、ああ。それっ。

けれども、どうしたのだろうか(能登殿が)判官の船に乗りあたって、「それっ。」と判官をめがけて飛びかかると、


判官かなは思は けん、長刀(なぎなた)脇(わき)にかいばさみ、味方の船二丈ばかり退(の)い たり けるに、ゆらりと飛び乗りたまひ 

じ=打消推量の助動詞「じ」の終止形、接続は未然形

や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。動作の主体である判官(義経)を敬っている。

けん=過去推量の助動詞「けむ」の連体形の音便化したもの、接続は連用形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。

の=格助詞、用法は同格。「で」と訳すとよい。「味方の船二丈ほども離れていたに」

退い=カ行四段動詞「退く(のく)」の連用形の音便化したもの。しりぞく、離れる、間を隔てる

たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

たまひ=補助動詞ハ行四段の連体形、尊敬語。動作の主体である判官(義経)を敬っている。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形。

判官は、これはかなうまいとお思いになったのだろうか、長刀を脇にはさみ、味方の船で二丈ほども離れていた船に、ひらりと飛び乗りなさった。


能登殿は、早業(はやわざ)劣ら たり けんやがて続いて飛びたまは 

や=疑問の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。動作の主体である能登殿を敬っている。

たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形。

けん=過去推量の助動詞「けむ」の連体形の音便化したもの、接続は連用形。係助詞「や」を受けて連体形となっている。係り結び。

やがて=副詞、すぐに、そのまま、即座に

も=強調の係助詞、訳す際には気にしなくてもよい。

たまは=補助動詞ハ行四段の未然形、尊敬語。動作の主体である能登殿を敬っている。

ず=打消の助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

能登殿は、早業は劣っていらっしゃったのだろうか、すぐに続いて飛び移りなさらない。


今はかうと思は けれ 、太刀・長刀海へ投げ入れ、甲(かぶと)も脱いで捨てられ けり

かう=副詞「斯く(かく)」の音便化したもの。もうこれまで、これで終わり、このように

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。動作の主体である能登殿を敬っている。

けれ=過去の助動詞「けり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。動作の主体である能登殿を敬っている。

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

(能登殿は)今はこれまでとお思いになったので、太刀・長刀を海へ投げ入れ、甲も脱いでお捨てになった。


鎧の草摺(くさずり) かなぐり捨て、胴ばかり着て、大童(おほわらは)になり、大手を広げて立た たり

草摺=名詞、鎧の下に垂らして腰から下をおおう部分

かなぐり=ラ行四段動詞「かなぐる」の連用形。荒々しくつかんで引っ張る

大童(おほわらは)=名詞、髪を束ねずばらばらのままたらしたざんばら髪

れ=尊敬の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。動作の主体である能登殿を敬っている。

たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

鎧の垂れも引きちぎって捨て、鎧の胴だけを着て、乱髪姿になり、大手を広げて立ちなさった。


およそ あたりを払つ見えたり ける。恐ろしなんど  おろかなり

およそ=副詞、おおかた、だいたい

辺りを払ふ=近寄れないほど威勢がある、他を圧倒する、周囲に人を近づけない

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び。

たり=完了の助動詞「たり」の連用形、接続は連用形

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び。

なんど=「など」副助詞

も=強調の係助詞

おろかなり=形容動詞「疎かなり」の終止形。それだけでは言い尽くせない、いいかげんだ

おおかた誰をも近くに寄せ付けない(ほど威勢がある)様子に見えた。恐ろしいなどと(いう言葉)ではとても言い尽くせない。


能登殿、大音声をあげて、「われと思は者どもは、寄つて教経に組んでいけどりにせよ

ん=婉曲の助動詞「む」の連体形の音便化したもの、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があり、文中に来ると「㋕仮定・㋓婉曲」のどれかである。あとは文脈判断であるが、直後にあるのが体言であればほぼ婉曲で間違いない。訳:「我はと思う(ような)者ども」

せよ=サ変動詞「す」の命令形

能登殿は、大声をあげて、「我こそはと思う者どもがあったら、近寄ってこの教経(能登殿のこと)に組んで生け捕りにせよ。


鎌倉へ下つて、頼朝に会うて、もの一言言はと思ふぞ。寄れや、寄れ。」とのたまへ ども、寄る者一人もなかり けり

ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形。この「む」は、㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末に来ると「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。あとは文脈判断。

のたまへ=ハ行四段動詞「のたまふ」の已然形。「言ふ」の尊敬語。動作の主体である能登殿を敬っている。

ども=逆接の接続助詞、接続(直前に来る用言の活用形)は已然形

なかり=ク活用の形容詞「無し」の連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

鎌倉へ下って、頼朝に会って、一言言おうと思う。寄れ、寄れ。」とおっしゃったけれども、近寄る者は一人もいなかった。

続きはこちら平家物語『能登殿の最期』(3)解説・品詞分解

平家物語『能登殿の最期』まとめ