源氏物語『若紫』(1)問題1の解答(若紫との出会い・北山の垣間見)

「青字=解答」「※赤字=注意書き、解説等」
問題はこちら源氏物語『若紫』(1)問題1

改訂版はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ


日もいと長きに、①つれづれなれば、夕暮れのいたうかすみたるに紛れて、かの小柴垣のもとに立ち出でたまふ。

人々は帰したまひて、惟光朝臣とのぞきたまへば、ただこの②西面にしも、

持仏すゑたてまつりて、行ふ尼なり③けり④簾少し上げて、花奉る⑤めり

中の柱に寄りゐて、⑥脇息の上に経を置きて、いと⑦なやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。

四十あまりばかりにて、いと白う⑧あてに、やせたれど、つらつきふくらかに、

まみのほど、⑨髪のうつくしげにそがれたる末も、「⑩なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」と、あはれに見たまふ。

清げなる大人二人ばかり、さては童女ぞ出で入り遊ぶ。

中に十ばかりにやあら⑪むと見えて、白き衣、山吹などのなえたる着て、走り来たる女子、

あまた見えつる子供に似るべうもあらず、⑫いみじく生ひ先見えて、うつくしげなるかたちなり

髪は扇を広げたるやうにゆらゆらとして、⑬顔はいと赤くすりなして立てり

「何事ぞや。童べと腹立ち⑭たまへ ⑮るか」とて、尼君の見上げたるに、少し⑯おぼえたるところあれば、子⑰な ⑱めりと見⑲たまふ

「すずめの子を犬君が逃がしつる。伏籠のうちにこめたりつるものを」とて、いと⑳くちをしと思へり。


問題1.④簾、⑥脇息、の漢字の読みを答えよ。

すだれ
きょうそく・けふそく


問題2.①つれづれなり、②西面、⑦なやましげなり、⑧あてなり、⑯おぼゆ、⑳くちをし、のここでの意味を答えよ。

何もすることがなく手持ちぶさたである・退屈である
西向きの部屋
だるそうである・大儀そうである・気分が悪そうである
上品だ
似る、おもかげがある
残念だ、くやしい


問題3.③けり、⑤めり、⑪む、⑮る、⑰な、⑱めり、の助動詞の文法的意味として、「ア~ス」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。
ア.過去  イ.詠嘆  ウ.完了  エ.受身  オ.尊敬  カ.可能  キ.推量  ク.意志  ケ.婉曲  コ.婉曲  サ.推定  シ.伝聞  ス.断定

イ.詠嘆
サ.推定
キ.推量
ウ.完了
ス.断定
サ.推定


問題4.⑭たまへ、⑲たまふ、それぞれの「給ふ」が誰を敬っているか(敬意の対象は誰か)を「ア~オ」の記号の中から答えよ。
ア.光源氏  イ.尼君  ウ.藤壺  エ.若紫  オ.惟光朝臣

エ.若紫
ア.光源氏


問題5.「⑨髪のうつくしげにそがれたる末」、「⑩なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」、「⑫いみじく生ひ先見えて、うつくしげなるかたちなり」、「⑬顔はいと赤くすりなして立てり」の現代語訳を答えよ。

髪の毛がきれいに切りそろえられている毛先

かえって長い(髪)よりもこの上なく現代風なものだなあ

成長後の美しさが見えて、かわいらしい容貌である

顔は(手で)こすってひどく赤くして立っている

※形容動詞「美しげなり」の意味の違いに注意

参考:源氏物語『若紫』(1)解説・品詞分解

源氏物語『若紫』まとめ (若紫との出会い・北山の垣間見)

改訂版はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ