源氏物語『桐壺』(3)問題1の解答(光源氏の誕生~)

「青字=解答」「※赤字=注意書き、解説等」
問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題1


母君は初めより①おしなべての上宮仕へしたまふべき②きはにはあらざり③き

おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、④わりなくまつはさせ給ふあまりに

さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、⑤先づまう上らせ給ふ

ある時には大殿ごもり過ぐして、⑥やがてさぶらはせたまひなど

あながちに御前去らず⑦もてなさせたまひしほどに、おのづから軽き方にも見え⑧しを、

この御子生まれたまひて後は、⑨いと心ことに思ほしおきてたれば

⑩坊にも、⑪ようせずは、この御子のゐたまふべき⑫な⑬めり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。

⑭人より先に参りたまひて⑮やむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、

この御方の御いさめをのみぞ、なほわづらはしう、⑯心苦しう思ひ聞えさせたまひける


問題1.①おしなべての、②きは、⑩坊、のここでの意味を答えよ。

ふつうの・一般の
身分
皇太子・東宮・東宮坊


問題2.③き、⑧し、⑫な、⑬めり、の助動詞の文法的意味として、「ア~シ」の記号から適当なものを一つ選んで答えよ。
ア.使役  イ.尊敬  ウ.過去  エ.完了  オ.詠嘆  カ.推定  キ.伝聞  ク.断定  ケ.存在  コ.婉曲  サ.仮定  シ.推量

ウ.過去
ウ.過去
ク.断定
カ.推定
※な=断定の助動詞「なり」の連体形「なる」が音便化して無表記化されたもの。接続は体言・連体形。
直前に連体形が来ているため、断定・存在の助動詞「なり」である。


問題3.「④わりなくまつはさせ給ふ」、「⑤先づまう上らせ給ふ」、「⑥やがてさぶらはせたまひなど」、「⑦もてなさせたまひしほどに」、の中から使役の助動詞が使われているものを④~⑦の番号で答えよ。

答え:⑤、⑥
※参照源氏物語『桐壺』(3)解説・品詞分解


問題4.「⑨いと心ことに思ほしおきてたれば」の主語を補って現代語訳せよ。

帝はたいそう格別に心を配り扱いなさったので


問題5.「⑪ようせずは」を接続助詞「は」の意味に気を付けて現代語訳せよ。

もしかすると(わるくすると)
※(良う/せ/ず/は)
打消の助動詞「ず」の連用形 + は =仮定条件「もし~ならば」という意味になる。もう一つ同類のものとして、形容詞の連用形「~く」 + は=仮定条件「もし~ならば」というものがある。なので、「~ずは」・「~くは」とあれば、仮定条件と言うことに気をつけるべき。この「は」は接続助詞「ば」からきているので、「ば」のまま使われるときもある。


問題6.「⑭人より先に参りたまひて」の「たまひ」は誰を敬っているか(敬意の対象は誰か)人物を答えよ。

※ここでの「給ふ」はすべて尊敬語として使われているので、動作の主体を敬っている。(ちなみに「給ふ」は下二段活用の時は謙譲語として使われる。)
誰を敬っているか:一の御子の女御(弘徽殿の女御)  ※人より先に参りという動作の主体


問題7.「⑮やむごとなき御思ひなべてならず」の現代語訳を答えよ。

(桐壷帝の)大切になさる気持ちも並ひととおりでなく
※やむごとなし=形容詞ク活用、①捨ててはおけない、②格別だ、並々でない③高貴である、ここでは②並々ではない、格別だの意味だと思われる。
※なべて(並べて)=一般に、すべて、並ひととおり、ふつう


問題8.「⑯心苦しう思ひ聞えさせたまひける」の中から敬語の意味を持つ語をすべて抜き出し、敬語の種類と誰から誰に対しての敬意の表現であるかを答えよ。

抜き出す語:聞こえ
敬語の種類:謙譲語
誰から:作者
誰に対して:一の御子の女御(弘徽殿の女御)

抜き出す語:させ
敬語の種類:尊敬語
誰から:作者
誰に対して:帝(桐壷帝)

抜き出す語:たまひ
敬語の種類:尊敬語
誰から:作者
誰に対して:帝(桐壷帝)



問題9.「⑯心苦しう思ひ聞えさせたまひける」において、「心苦しう」とは桐壷帝が一の御子の女御(弘徽殿の女御)に対して心苦しいということであるが、それはなぜなのか理由を答えよ。

弘徽殿の女御は他の后よりも先に后として入内なさったうえに、子供もできているにもかかわらず、他の女性(桐壷の更衣)とその子供に対して入れ込んでいるため。
※だいたい合っていれば良い

源氏物語『桐壺』(3)解説・品詞分解

源氏物語『桐壷』まとめ