読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」
解説・品詞分解はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』解説・品詞分解

改訂版はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』まとめ


これも今は昔、忠明(ただあきら)といふ検非違使(けびいし)ありけり。

これも今は昔、忠明という検非違使がいた。


それが若かりけるとき、清水の橋のもとにて、京童部(わらんべ)どもといさかひをしけり。

その人が若かったとき、清水寺の橋のもとで、京の若者たちとけんかをした。


京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立ち込めて、殺さむとしければ、

若者たちは全員手に刀を抜いて、忠明を取り囲んで、殺そうとしたので、


忠明も太刀(たち)を抜きて、御堂ざまに上るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて向かひ合ひたれば、

忠明も刀を抜いて、御堂の方へ逃げて行くと、御堂の東の端にも、(若者たちが)大勢立っていて向かい合ったので、


内へ逃げて、蔀(しとみ)のもとをわきに挟みて、前の谷へ踊り落つ。

(御堂の)中へ逃げて、蔀戸の下の部分をわきに挟んで、前の谷へ飛び降りた。


蔀、風にしぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちにければ、

蔀が風に押しとどめられて、谷の底に鳥がとまるように、そっと落ちたので、


それより逃げて往にけり。京童部ども谷を見下ろして、あさましがり、

そこから逃げて行ってしまった。京の若者たちは谷を見下ろして、驚きあっけにとられ、


立ち並(な)みて見けれども、すべきやうもなくて、

立ち並んで覗き込んで見ていたが、どうしようもなくて、


やみにけりとなむ。

(そうしてこの出来事は)終わってしまったということだ。

宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』解説・品詞分解

問題はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』問題(用言・単語など)

改訂版はこちら宇治拾遺物語『検非違使忠明の事』まとめ