源氏物語『若紫』(1)現代語訳(若紫との出会い・北山の垣間見)

「黒=原文」・「青=現代語訳」

解説・品詞分解はこちら源氏物語『若紫』(1)解説・品詞分解

問題はこちら源氏物語『若紫』(1)問題1

改訂版はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ


日もいと長きに、つれづれなれば、夕暮れのいたうかすみたるに紛れて、

日もたいそう長いのに、何もすることがなく退屈なので、夕暮れでひどくかすんでいるのに紛れて、


かの小柴垣(こしばがき)のもとに立ち出でたまふ。

例の小柴垣の所へお出かけになる。

人々は帰したまひて、惟光朝臣(これみつあそん)とのぞきたまへば、ただこの西面(にしおもて)にしも、

他のお供の人々はお帰しになって、惟光の朝臣と覗いて御覧になると、すぐ目の前の西向きの部屋に、


持仏すゑたてまつりて、行ふ尼なりけり。

持仏をお据え申し上げて、勤行しているのは尼であった。


簾(すだれ)少し上げて、花奉るめり。

簾を少しまき上げて、花をお供えするようである。


中の柱に寄りゐて、脇息(けふそく)の上に経を置きて、

部屋の中央にある柱に寄りかかって座り、脇息の上にお経を置いて


いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。

ひどくだるそうに(お経を)読んでいる尼君は、普通の身分の人とは思えない。


四十(よそじ)あまりばかりにて、いと白うあてに、やせたれど、つらつきふくらかに、

四十過ぎぐらいで、たいそう色白で上品にやせているが、顔つきはふっくらとして、


まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、

目元のようす、髪の毛がきれいに切りそろえられている毛先も


「なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」と、あはれに見たまふ。

「かえって長い(髪)よりもこの上なく現代風なものだなあ。」と、しみじみと(心を動かされて)御覧になる。


 清げなる大人二人ばかり、さては童女(わらわべ)ぞ出で入り遊ぶ。

こぎれいな女房が二人ほど、それから召使の少女たちが(光源氏たちがのぞいていた部屋)を出たり入ったりして遊んでいる。


中に十ばかりにやあらむと見えて、白き衣(きぬ)、山吹などのなえたる着て、走り来たる女子(おんなご)、

(その遊んでいる少女たちの)中に十歳ぐらいであろうかと思われて、白い下着に、山吹がさねかなにかの着ならして柔らかくなったのを着て走ってきた女の子、


あまた見えつる子供に似るべうもあらず、いみじく生ひ先見えて、うつくしげなるかたちなり。

(その子、若紫は、)大勢見えていた他の少女たちとは比べられるはずがないほどに、成長後の美しさが見えて、かわいらしい容貌である。


髪は扇を広げたるやうにゆらゆらとして、顔はいと赤くすりなして立てり。

髪は扇を広げたようにふさふさとして、顔は(手で)こすってひどく赤くして立っている。


 「何事ぞや。童べと腹立ちたまへるか」とて、尼君の見上げたるに、

「何事ですか。子供たちと喧嘩でもなさったのですか。」と言って、尼君が見上げたところ、


少しおぼえたるところあれば、子なめりと見たまふ。

(その見上げた尼君の顔に)少し似ているところがあったので、(その泣いている少女は)尼君の娘なのだろうかと(光源氏は)御覧になる。


「すずめの子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)のうちにこめたりつるものを」とて、いとくちをしと思へり。

「雀の子を犬君が逃がしてしまったの。伏籠の中に入れておいたのに。」と言って、たいそう残念がっている。


※あらすじ
光源氏は幼いころに亡くした母(桐壷の更衣)によく似た藤壺の更衣に対して恋心をずっと持っていた。

かなわない恋であったため、満たされない思いからあちこちの女性に手を出した。

夕顔の死をきっかけに病気を患う。

病気を治すために来た寺で藤壺によく似た若紫に出合った。

源氏物語『若紫』(1)解説・品詞分解

続きはこちら源氏物語『若紫』(2)現代語訳

問題はこちら源氏物語『若紫』(1)問題1

源氏物語『若紫』まとめ (若紫との出会い・北山の垣間見)

改訂版はこちら源氏物語『若紫/北山の垣間見』まとめ