史記:項王の最期『我何面目見之』原文・書き下し文・現代語訳

【我何面目アリテエン

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

ひとつ前の話はこちら 項王の最期『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳  

 

イテ項王乃シテラント烏江

ここに於て項王乃ち東して烏江(うかう)を渡らんと欲す。

 

その後、項王は東方の烏江で、長江を渡ろうとした。

 

 

烏江亭長、檥シテ。謂ヒテ項王ハク

烏江の亭長(ていちょう)船を檥(ぎ)して待つ。項王に謂(い)ひて曰はく、

 

烏江の亭長(宿駅の長)は船を用意して待っており、項王に対して言った。

 

 

「江東雖ドモナリト、地方千里、

「江東(こうとう)小なりと雖(いへ)ども、地は方千里(ほうせんり)、

 

「江東は小さいですが、土地は千里四方に開け、

 

 

数十万人アリ、亦タルニ也。

衆は数十万人あり。亦た王たるに足るなり。

=なり

人口も数十万人はいます。また、王となるにも十分な土地です。

 

 

ハクハ大王急ランコトヲ。今独ノミ船。

願はくは大王急ぎ渡らんことを。今独り臣のみ船有り、

=限定

どうか、大王よ、急いで渡って下さい。今、ここでは私だけが船を持っていますから、

 

 

漢軍至ルモ、無カラントルコト。」

漢軍至るも、以て渡ることなからん」と。

=な

漢軍がやってきてもすぐには長江を渡ることができませんので」と。

 

項王笑ヒテハク

項王笑ひて曰はく、

 

項王はそれを聞いて笑って言った。

 

 

「天之亡ボスニ、我何ルコトサン

「天の我を亡ぼすに(ほろぼすに)、我何ぞ渡ることを為さん。

=の

「天が私を滅ぼそうとしているのに、どうしてこの川を渡ったりしようか。いや、しまい。※反語

 

 

籍与江東子弟八千人、渡リテ而西セシモ

且つ籍江東の子弟八千人と江を渡りて西せしも、

=と

その上私は江東の子弟8千人と長江を渡って西に向かったが、

 

 

今無一人ルモノ

今一人の還るものなし。

 

今では生きて還った者は一人もいない。

 

 

江東父兄憐ミテ而王トストモ

縦ひ(たとひ)江東の父兄憐みて我を王とすとも、

仮定=置き字

たとえ江東の父と兄が、憐れんで私を王にしてくれたとしても、

 

 

我何面目アリテエン

我何の面目ありてかこれに見(まみ)えん。

 

私はどんな面目があって彼らに会えるのか。いや、面目なく、会えない※反語

 

 

彼不トモ、籍独ラン於心。」

縦ひ彼言わずとも、籍独り心に愧(は)じざらんや」と。

仮定=ず・ざ、=や、「」=反語

たとえ彼らが何も言わなくても、私は自分自身の心が恥ずかしく思わずにはいられないのだ」と。

 

 

ヒテ亭長ハク

乃ち亭長に謂(い)ひて曰はく、

 

項王は亭長に対して言った。

 

 

「吾知長者ナルヲ。吾騎ルコト五歳、所タル敵。

「吾公の長者なるを知る。吾此(こ)の馬に騎(の)ること五歳、当たる所敵なく、

 

「私はあなたが徳の高い人だということを知っている。私はこの馬に5年間乗ってきたが、向かう所敵なく、

 

 

一日クコト千里ナリ。不スニ。以ハント。」

嘗て一日に行くこと千里なり。之を殺すに忍びず。以て公に賜わん」と。

=ず

かつては一日に千里も駆けたものだ。この馬を殺すのは忍びない。だからあなたに与えよう」。

 

 ヲシテ皆下リテ歩行、持シテ短兵接戦

乃ち騎をして皆馬より下りて歩行せしめ、短兵(たんぺい)を持ちて接戦す。

(し)=使役・「令ヲシテ(セ)」→「AをしてB(せ)しむ」→「AにBさせる」、短兵=刀剣などの短い武器

そして項王は、騎兵を全員馬から下ろして歩かせ、短い刀剣を持って接近戦を行った。

 

 

項王漢軍、数百人ナリ。項王身ヅカラモ十余創

独り項王の殺す所の漢軍、数百人なり。項王自らも亦(ま)た十余創(じゅうよそう)を被る。

 

項王が一人で殺した漢兵は、数百人である。項王自らも十数か所の傷を負った。

 

ミテ騎司馬呂馬童ハク

顧みて漢の騎司馬(きしば)の呂馬童(りょばどう)を見て曰はく、

※騎司馬=官名、騎兵を指揮する隊長。呂馬童=もとは項王の部下だったが、現在は沛公側にいる。

振り返って漢の騎司馬の呂馬童を見て言った。

 

 

「若故人。」

「若(なんじ)は吾が故人に非ずや」と。

=や、疑問

「あなたは私の旧友ではないか」と。

 

 

馬童面、指サシテ王翳ハク

馬童これに面し、王翳(わうえい)に指さして曰はく、

※面=顔を向ける、顔をそむける。王翳=漢の騎将灌嬰(かんえい)の配下の武将、現在項王を追撃している

呂馬童は[顔を見てor 顔をそむけて]、項王を指差して王翳に言った。

 

 

「此項王也。」

「此(こ)れ項王なり」と。

 

「こいつが項王です」と。

 

 

項王乃ハク

項王乃ち曰はく、

 

そこで項王は呂馬童に言った。

 

 

「吾聞、『漢購フト千金邑万戸。』吾為セシメント。」

「吾聞く、『漢我が頭(かうべ)を千金邑(いふ)万戸(ばんこ)に購(あがな)ふ』と。吾若が為に徳せしめん」と。

※購=賞を懸けて求める

「漢が私の首に千金と戸数一万ほどの土地を懸賞にしていると、私は聞いているが、あなたのために恩恵を施そう」と。

 

 

自刎シテ而死セリ

乃ち自刎(じふん)して死す。

 

そうして、項王は自ら自分の首を切って死んだ。 

 

史記:項王の最期まとめ