ちごのそらね(稚児のそら寝)現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」

解説・品詞分解はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)解説・品詞分解

問題はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)問題(用言・単語など)

改訂版はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)まとめ


今は昔、比叡(ひえ)の山に児ありけり。

いまとなっては昔の事だが、比叡山に稚児がいた。


僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせん。」と言ひけるを、

僧たちが、宵の何もすることがなく退屈な時に、「さあ、ぼたもちをつくろう。」と言ったのを、


この児、心寄せに聞きけり。

この稚児が、期待をして聞いていた。


さりとて、しいださんを待ちて寝ざらんも、

そうだからといって、(僧たちがぼたもちを)作り上げるのを待って寝ないのも、


わろかりなんと思ひて、片方(かたかた)に寄りて、

きっとよくないだろうと思って、片すみに寄って、


寝たるよしにて、いで来るを待ちけるに、

寝ているふりをして、できるのを待っていたところ、


すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり。

もう出来上がった様子で、わいわい騒ぎあっている。


この児、定めて驚かさんずらむと、待ちゐたるに、

この稚児は、きっと起こしてくれるだろうと、待っていたところ、


僧の、「もの申しさぶらはむ。 驚かせたまへ。」と言ふを、

(一人の)僧が(稚児に対して)、「もしもし、目をお覚ましなさい。」と言うのを、


うれしとは思へども、ただ一度にいらへんも、 待ちけるかともぞ思ふとて、

(稚児は)うれしいとは思うけれども、ただ一度で返事するのも、待っていたのかと(僧たちが)思っては困ると思って、


今一声呼ばれていらへんと、念じて寝たるほどに、

もう一度よばれて返事しようと(思って)、我慢して寝ているうちに、



「や、な起こしたてまつりそ。幼き人は寝入りたまひにけり。」

「おい、お起こし申し上げるな。幼い人は、寝入ってしまったんだよ。」


と言ふ声のしければ、あなわびしと思ひて、

という声がしたので、ああ困ったものだと思って、


今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、

「もう一度起こせよ。」と、思って寝て聞いていると、


ひしひしとただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、

ただむしゃむしゃと、とにかく食べる音ががしたので、どうしようもなくて、


無期(むご)ののちに、 「えい。」といらへたりければ、僧たち笑ふことかぎりなし。

久しく時間がたった後で、「はい」と返事したので、僧たちが笑うことは限りがない。

ちごのそらね(稚児のそら寝)解説・品詞分解

改訂版はこちらちごのそらね(稚児のそら寝)まとめ