読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

源氏物語『桐壺』(4)解説・品詞分解(光源氏の誕生)

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」

原文・現代語訳のみはこちら源氏物語『桐壺』(4)現代語訳


かしこき  御蔭をば頼み  聞こえ  ながらおとしめきずを求めたまふ人は多く、

かしこし(畏し)=形容詞ク活用、恐れ多い、恐れ多いほど尊い

御蔭=名詞、かばってくれる人、庇護、恩恵。

頼む=マ行四段、頼みに思う、あてにする

聞こゆ=補助動詞ヤ行下二、謙譲語。動作の対象(頼みに思われる人)である桐壷帝を敬っている

ながら=接続助詞、次の③の意味で使われている。
①そのままの状態「~のままで」例:「昔ながら」昔のままで
②並行「~しながら・~しつつ」例:「歩きながら」
③逆接「~でも・~けれども」 例:「敵ながら素晴らしい」
④そのまま全部「~中・~全部」例:「一年ながら」一年中

おとしむ(貶む)=マ行下二、見下げる、さげすむ、軽蔑する

きず=名詞、ものの壊れたところ、(人の)欠点、あら

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体である欠点を探しなさる人(その他の女御・更衣のこと)を敬っている

恐れ多い(桐壷帝の)庇護を頼みに思い申し上げているけれども、(桐壷の更衣を)さげすみ、欠点を探しなさる人は多く、


わが身はか弱く、ものはかなきありさまにて、なかなかなる  もの思ひ    たまふ

ものはかなし=形容詞ク活用、どことなく頼りない。

なかなかなり(中中なり)=形容動詞ナリ活用、中途半端なさま、かえって~(しない方がよい)。ここでの意味は、「かえって桐壷帝の寵愛をいただかない方がよい」という感じである

もの思ひ=名詞、思い悩むこと、心配

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。

し=サ変動詞「す」の連用形

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(思い悩むことをしている人)である桐壷の更衣を敬っている。前に係助詞「ぞ」があるため連体形となっている。係り結び

(桐壷の更衣)自身の体は弱々しく、なんとなく頼りないありさまで、かえって(帝のご寵愛をいただかない方が良いといった)思い悩みをしなさる。


御局(みつぼね)桐壺(きりつぼ)なり。

御局=名詞、宮中にある個人の部屋。宮中=天皇とその家族の住む場所。普段、天皇自身はその中の清涼殿にいる。

桐壷=名詞、桐が壺(中庭)に植えてある部屋

(桐壷の更衣の)お部屋は桐壷である。


あまたの御方がたを過ぎ  させ  たまひて、ひまなき  御前わたりに、

あまた(数多)=副詞、たくさん、数多く

過ぐ=ガ行上二

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。「使役」か「尊敬」どちらの意味であるかについて、直後に尊敬語が来ている時は、文脈判断する。
ここでは「尊敬」であり、直後の「たまひ」とともに動作の主体(過ぎる人)である桐壷帝を敬っている。二重敬語。

ひまなし(隙なし)=形容詞ク活用、絶え間ない、頻繁だ

御前わたり=名詞、前を通っていくこと

多くの女御・更衣たちのお部屋を(桐壷帝が)通り過ぎなさって、(その)頻繁なお通いに、


心を尽くし  たまふも、げに  ことわり見え  たり

の=格助詞、用法は主格。「他の女御・更衣たちが心をお悩ましになるのも」

心を尽くす=①まごころを込める、②心を悩ませる、気をもむ。ここでは②の意味

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体である他の女御・更衣たちを敬っている

げに(実に)=副詞、まことに、ほんとうに

ことわり(理)=名詞、すじみち、ものの道理、もっともであること、当然であること

見ゆ=ヤ行下二、見える、思われる、感じられる。「見ゆ」の「ゆ」には受身・可能・自発の意味がある

たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

他の女御・更衣たちが心をお悩ましになるのも、まことに当然のことだと思われる


まう上り  たまふにも、あまりうちしきる  折々は、

まう上る(参う上る)=ラ行四段、謙譲語、参上する。動作の対象(参上される人)である桐壷帝を敬っている

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(参上する人)である桐壷の更衣を敬っている

うちしきる(うち頻る)=ラ行四段、たび重なる、続けざまである。「うち」は接頭語

折々(をりをり)=名詞、その時々、そのつど、時節

(桐壷の更衣が帝のところへ)参上なさる際にも、あまりにたび重なるなる時には


打橋(うちはし)、渡殿(わたどの)のここかしこの道に、あやしきわざをしつつ

あやしきわざ=けしからぬ行い。泥や汚物などを更衣の通り道にまき散らしたと考えられる。
あやしき=シク活用の形容詞「あやし」の連体形、けしからぬ、不都合だ
わざ=名詞、おこない、しわざ

つつ=接続助詞、①反復「~しては~」②継続「~し続けて」③並行「~しながら」④(和歌で)詠嘆、ここでは①反復の意味で使われているので訳す際に注意が必要。

打橋や渡殿のあちらこちらの通り道に、けしからぬ仕業(泥や汚物をまき散らすようなこと)をしては、


御送り迎への人の衣の裾、堪へがたくまさなき事もあり。

堪へがたし=形容詞ク活用、我慢しにくい、つらい、くるしい

まさなし(正無し)=形容詞ク活用、良くない、みっともない

送り迎えをする人の着物の裾が、ひどく汚れ、良くないこともある。


またある時には、  さら  馬道(めどう)の戸をさしこめ

え=副詞、下に打消しの表現を伴って「~できない。」

さる(避る)=ラ行四段、避ける、よける、断る、辞退する。「避る」は「去る」と間違えやすいので注意。

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形

さしこむ(鎖し篭む)=マ行下二、門や戸などを固く閉ざす、閉ざして閉じ込める

またある時には、避けては通れない馬道の閉ざして閉じ込め、


こなたかなた心を合はせて、 はしたなめ  わづらは    たまふ時も多かり

はしたなむ=マ行下二、恥ずかしい思いをさせる、困らせる

わづらふ=ハ行四段、(気を使って)苦しむ、悩む、悩み困る

せ=使役の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語がくると「尊敬」の意味になることが多いが、今回のように「使役」の意味になることもあるので、やはり文脈判断が必要である。

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(困らせる人)である他の女御・更衣を敬っている

多かり=ク活用の形容詞「多し」の終止形。活用表から考えると「連用形」ではないかと疑われるが、形容詞「多し」は特別で文末に連用形の形で来て「終止形」の役割をする。なので活用形を聞かれたら「終止形」と答えるのが正解。
 類似のもので、シク活用の形容詞「同じ」があり、「同じ」と体言の前に来て「連体形」となるものがある。この場合は、「連体形」と答えるのが正解。

こちらとあちらで示し合わせて、はずかしめて困らせなさる時も多い。


事にふれて、数知らず苦しきことのみまされ  、いといたう  思ひわび  たるを、

事にふれて=何かにつけて

まさる(増さる)=ラ行四段、増える、強まる。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

いたう=形容詞ク活用、良い意味でも悪い意味でも程度がはなはだしい、「いたく(連用形)」が音便化して「いたう」となっている

思ひわぶ=バ行上二、思い悩む、ふさぎ込む。「わぶ」=バ行上二、つらいと思う、思い悩む

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

何かにつけて、数えきれないほどつらいことばかりが増えるので、たいそうひどく思い悩んでいるのを、


いとど  あはれ御覧じて、

いとど=副詞、いっそう、ますます、そのうえさらに。

あはれ=名詞。「あはれ」は感動したときに言う言葉「ああ・はれ」に由来するので、「心を動かされる」といったニュアンスで使う。文脈によって「美さ、悲しさ、かわいそうなこと、不憫」などと訳す。

御覧ず=サ変、「見る」の尊敬語、ご覧になる、お思いになる。動作の主体である桐壷帝を敬っている。

ますますかわいそうなこととお思いになって、


後涼殿(こうりょうでん)にもとよりさぶらひ  たまふ更衣の曹司(ぞうし)を他に移さ  たまひて、上局(うえつぼね)賜(たま)はす

後涼殿=清涼殿の西にある御殿

さぶらふ=ハ行四段、謙譲語、(貴人のそばに)お仕え申し上げる、動作の対象である天皇を敬っている

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、動作の主体である「もとよりさぶらひたまふ更衣」を敬っている

曹司=名詞、役人や女官の部屋

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「使役」と「尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ているため文脈判断する。直後の「たまふ」とともに動作の主体である桐壷帝を敬っている。二重敬語。

上局=名詞、天皇の部屋のそばで、御前に参上するときの控えの間

賜(たま)はす=サ行下二、お与えになる。「与える」の尊敬語「賜ふ」に尊敬の助動詞「す」がさらに加わったものなので、実質的に二重敬語。動作の主体である桐壷帝を敬っている。

後涼殿にもともと住んでおられた更衣の部屋を他へお移しになって、(桐壷の更衣の)上局としてお与えになる。


その恨み、まして  やら    かた  なし

まして=副詞、いっそう、いうまでもなく

やる(遣る)=ラ行四段、行かせる、送る、不快な気持ちを晴らす

む=婉曲の助動詞「む」の連体形、接続は未然形。㋜推量・㋑意志・㋕勧誘・㋕仮定・㋓婉曲の五つの意味があるが、文末でなく文中で使われるときは「㋕仮定・㋓婉曲」のどちらかである。基本的に直後に体言が来ていれば「婉曲」である。

かた(方)=名詞、手段、方法

なし(無し)=形容詞ク活用

(部屋を移された更衣の)その恨みは、いっそう晴らしようがない。

源氏物語『桐壷』まとめ