読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

史記:項王の最期『四面楚歌』原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

 

項王軍壁垓下。兵少ナク食尽

項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。

 

項王軍は垓下の城壁の中に立てこもった。兵の数は少く食料も底を尽きた。

 

 

漢軍及諸侯兵囲ムコト数重ナリ

漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重(すうちょう)なり。

 

漢軍と諸侯の兵は、これを幾重にも取り囲んだ。

 

 

夜聞漢軍四面皆楚歌スルヲ、項王乃大驚キテハク

夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、項王乃(すなは)ち大いに驚きて曰はく、

 

夜、周りを取り囲んだ漢軍が全員で楚の国の歌(楚の地方の民謡)を歌うのを聞き、項王は(漢軍が楚の国の歌を歌っていることが思いがけないことで)たいへん驚いてこう言った。

 

 

「漢皆已タル乎。是楚人之多」。

「漢皆已(すで)に楚を得たるか。是(こ)れ何ぞ楚人の多きや。」と。

 ※=か、=の、=や

「漢はことごとくすでに楚を得てしまったのか。何と楚の人間が多いことだ。」

 

 

項王則夜起チテ帳中

項王則(すなは)ち夜起(た)ちて帳中(ちょうちゅう)に飲す。

 

項王はそこで夜中(にも関わらず)起き上がり、陣の帳の中(帳をめぐらした陣営の中)で宴をした。

 

 

美人、名虞、常セラレテ

美人有り、名は虞(ぐ)。常に幸(こう)せられて従ふ。

 

虞という名前の美人がいた。常に項王に寵愛され付き従っていた。

 

 

駿馬アリ、名騅。常

駿馬(しゆんめ)あり、名は騅(すい)。常に之に騎(の)る。

 

騅という名の駿馬があった。いつも項王はこの馬に乗った。

 

 

イテ、項王乃悲歌忼慨、自リテハク

是(ここ)に於(お)いて、項王乃ち悲歌忼慨(かうがい)し、自ら詩を為(つく)りて曰はく、

 

そこで項王は悲しげに歌い、憤り嘆いて、自ら詩を作った。

 

 

兮気 

力は山を抜き気は世を蓋(おほ)ふ

 

我が力は山をも引き抜き、我が気はこの世をも覆う。 

 

 

時不アラ兮騅不

時利あらず騅逝かず

=ず

時の運は我に利なく(自分に味方せず)、駿馬である騅も疲れ果てて走れない

 

 

兮可奈-何 

騅逝かざる奈何(いかん)すべき

=ざ、=べ

騅が走らないのを、どうしたらよいのか

 

 

兮虞兮奈セント

虞や虞や若(なんぢ)を奈何せん、と。

 

虞よ虞よ、汝をどうしたらよいのか、と

 

 

フコト數闋、美人和。項王泣数行下

歌ふこと数闋(すうけつ)、美人之に和(わ)す。項王泣(なみだ)数行(すうぎょう)下る。

 

(項王は)数回繰り返して歌い、虞もともに(調和して)歌った。項王ははらはらと涙を流した。

 

 

左右皆泣、莫ルモノ

左右皆泣き、能(よ)く仰ぎ視(み)るもの莫(な)し。

 

左右の者たちも皆泣き、誰も仰ぎ見ること(顔を上げること)ができなかった。

 

続きはこちら項王の最期『我何面目見之』原文・書き下し文・現代語訳

 

問題はこちら史記:項王の最期『四面楚歌』問題1 

史記:項王の最期まとめ