鴻門之会(史記)(3)原文・書き下し文・現代語訳

 【樊噲目を瞋らして項王を視る。】

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

史記『鴻門之会』まとめ 

 

イテ張良至軍門、見樊噲

是(ここ)に於(お)いて張良軍門に至り、樊噲(はんくわい)を見る。

 

そこで張良(沛公の参謀)は軍門に行き、樊噲(沛公の家来)と会った。

 

 

樊噲曰ハク、「今日之事何-如。」

樊噲曰はく、「今日の事何如(いかん)」と。

 

樊噲「今日の様子はどのようになっていますか。」

 

 

良曰ハク、「甚ナリ。今-者項荘抜キテ

良曰はく、「甚だ急なり。今者(いま)項荘剣を抜きて舞ふ。

 

良「大変に事態が切迫している。今、項荘が剣を抜いて舞っている。

 

 

意常沛公。」

其の意常に沛公に在るなり」と。

 

その狙いは沛公を殺すことにある。」

 

 

 噲曰ハク、「此レリ矣。臣請、入リテ之同ジクセント。」

噲曰はく、「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん」と。

 ※=と

噲「それは事態が切迫している。どうか宴席に入って(沛公と)命をともにさせていただきたい。」

 

 

噲即シテ軍門

噲即(すなは)ち剣を帯び盾を擁して軍門に入る。

 

噲はすぐに剣を携え盾を抱えて軍門に入った。

 

 

交戟之衛士、欲メテ一レラント

交戟(かうげき)の衛士、止(とど)めて内(い)れざらんと欲す。

 

軍門を守備する兵士は、止めて中に入らせまいとした。

 

 

樊噲側テテ、以テ撞ク。衛士仆

樊噲其の盾を側(そばだ)てて、以て衛士を撞(つ)く。衛士地に仆(たふ)る。

 

しかし、樊噲は持っていた盾を傾け、門番の兵士を突いた。すると兵士は地面に倒れた。

 

 

噲遂、披キテ西嚮シテ、瞋ラシテ項王

噲遂(つひ)に入り、帷(ゐ)を披(ひら)きて西嚮して立ち、目を瞋(いか)らして項王を視(み)る。

 

噲はそのまま中に入り。幕を押し開き西向きに立ち、目を大きく開いて項王を見る。

 

 

頭髪上指、目眦尽

頭髪上指し、目眦(もくし)尽(ことごと)く裂く。

 

髪の毛は逆立ち、まなじりは完全に裂けている。

 

 

項王按ジテ而跽キテハク、「客何為者。」

項王剣を按(あん)じて跽(ひざまづ)きて曰はく、「客(かく)何(なん)為(す)る者ぞ」と。

 

項王は剣に手をかけ、片膝を立てて身構えて言った。「おまえは何者だ。」

 

 

張良曰ハク、「沛公之参乗樊噲トイフ者也。」

張良曰はく、「沛公の参乗樊噲といふ者なり」と。

 

張良「沛公の同乗者、樊噲という者です。」

 

 

項王曰ハク、「壮士ナリ。賜ヘト卮酒。」

項王曰はく、「壮士なり。之に卮酒(ししゆ)を賜(たま)へ」と。

 

項王「壮士である。大杯の酒を差し上げよ。」

 

 

斗卮酒

則ち斗卮酒を与ふ。

 

そこで大杯の酒を与えた。

 

 

噲拝謝シテ、立チナガラニシテ而飲

噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。

 

噲は慎んで礼を言って立ち上がり、立ったままで飲んだ。

 

 

項王曰ハク、「賜ヘト彘肩。」

項王曰はく、「之に彘肩(ていけん)を賜へ」と。

 

項王「この者に豚の肩肉を差し上げよ。」

 

 

生彘肩

則ち一の生彘肩を与ふ。

 

そこで一塊の生の肩肉与えた。

 

 

樊噲覆於地、加彘肩、抜リテ而啗ラフ

樊噲其の盾を地に覆(ふ)せ、彘肩を上に加へ、剣を抜き切りて之を啗(く)らふ。

 

樊噲は盾を地面の上におき、肩肉をその上にのせ、剣を抜いてそれを切ってむさぼり食った。

 

 

項王曰ハク、「壮士ナリ。能乎(か)。」

項王曰はく、「壮士なり。能く復た飲むか」と。

 ※=か

項王「壮士である。まだ飲めるか。」

 

 

樊噲曰ハク、「臣死スラ。卮酒安クンゾランスルニ

樊噲曰はく、「臣死すら且(か)つ避けず。卮酒安(いづ)くんぞ辞するに足らん。

 

樊噲「臣(私)は死すら避けようとはしません。大杯の酒くらい、どうして断りましょうか。

 

 

秦王有虎狼之心

夫れ秦王虎狼(こらう)の心有り。

 

そもそも、秦王には虎狼の(ように残忍な)心がありました。

 

 

スコトルガグル、刑スルコトルルガルヲ

人を殺すこと挙ぐるに能はざるが如く、人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。

 

(その秦王の)人を殺すこと、多すぎて数え上げることができません。人に刑罰を執行すること、あまりに多くて執行しきれないのを恐れたほどです。

 

 

天下皆叛

天下皆之に叛(そむ)く。

 

(だから、)天下は皆そむいてしまったのです。

 

 

懐王与諸将シテハク、『先リテ咸陽トセント。』

懐王諸将と約して曰はく、『先(ま)づ秦を破りて咸陽に入る者は之に王とせん』と。

 ※=と

懐王は諸将と約束して『先に秦を破って咸陽に入った者を王としよう』と言いました。

 

 

今沛公先リテ咸陽

今沛公先づ秦を破りて咸陽に入る。

 

今、沛公は先に秦を破り咸陽に入りました。

 

 

毫毛シテヘテ一レヅクル

毫毛(がうまう)も敢(あ)へて近づくる所有らずして、

 

(それなのに王としてふるまうことなく)少しも自分から(財産などに)近づこうとはしないで、

 

 

封-宮室、還リテシテ覇上、以テリ大王タルヲ

宮室を封閉し、還(かへ)りて覇上に軍し、以て大王の来たるを待てり。

 

宮室を封印し、軍を覇上に返して、大王(項王)が来られるを待ったのです。

 

 

ハシラシメシ、備ヘシ他盗出入非常也。

故(ことさら)に将を遣はし関を守らしめし者は、他の盗の出入と非常とに備へしなり。

 

わざわざ、将兵を派遣し函谷関を守らせたのは、盗賊の出入りと非常事態に備えてのことなのです。

 

 

労苦ダシクシテ而功高キコトクノ

労苦だしくして功高きこと此(か)くの如し。

 

(沛公の)苦労は相当なもので、功績が大きいことはこのようであります。

 

 

封侯之賞

未だ封侯の賞有らず。

=(いま/ず)再読文字、未だ~ず「まだ~しない」

(にもかかわらず、)まだ侯に封じるとの恩賞がありません。

 

 

ルニキテ細説、欲セント有功之人

而(しか)るに細説を聴きて、有功の人を誅(ちゆう)せんと欲す。

 ※=の

しかし、(大王は)つまらない者の言うことを聞き、功績のある人を罰して殺そうとしています。

 

 

亡秦之続耳。

此れ亡秦の続のみ。

=のみ

これは滅びた秦の二の舞としか言えません。

 

 

カニ大王。」

窃(ひそ)かに大王の為(ため)に取らざるなり」と。

 

恐縮ですが、大王のために賛成しかねることであります。」

 

 

項王未フルコト

項王未だ以て応(こた)ふること有らず。

=(いま/ず)再読文字、未だ~ず「まだ~しない」

項王は返答しない。

 

 

ハク、「坐セヨト。」

曰はく、「坐せよ」と。

 

(そして項王は)「座れ。」と言った。

 

 

樊噲従ヒテ

樊噲良に従ひて坐す。

 

樊噲は良の隣に座った。

 

 

スルコト須臾ニシテ、沛公起チテ

坐すること須臾(しゅゆ)にして、沛公起ちて廁(かはや)に如き、

 

座って少しすると、沛公は立ち上がって便所へ行き、

 

 

リテキテ樊噲

因りて樊噲を招きて出ず。

 

そこで樊噲を招いて外に出た。

 

史記『鴻門之会』まとめ