鴻門之会(史記)(2)原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

 史記『鴻門之会』まとめ

 

項王即日、因リテメテ沛公

項王即日因(よ)りて沛公を留(とど)めて与(とも)に飲す。

 

項王はその日、そのまま沛公を留め、ともに宴を開いた。

 

 

 項王・項伯東嚮シテ、亜父南嚮シテ

項王・項伯東嚮(とうきやう)して坐し、亜父南嚮して坐す。

 

項王と項伯は東に向いて座り、亜父は南に向いて座った。

 

 

 亜父者、范増也。

亜父とは、范増(はんぞう)なり。

 ※=は、=なり

亜父とは范増のことである。

 

 

 沛公北嚮シテ、張良西嚮シテ

沛公は北嚮して坐し、張良は西嚮して侍す。

 

沛公は北に向いて座り、張良は西に向き(沛公のそばに)控えて座った。

 

 

 范増数目項王、挙ゲテブル玉玦、以者三タビス

范増数(しばしば)項王に目(もく)し、佩(お)ぶる所の玉玦(ぎよくけつ)を挙げて、以て之に示すこと三たびす。

 ※=こと

范増は何度も項王に目配せをし、身に付けている玉玦を持ち挙げて、(沛公を殺す決断をするよう)示すこと数回に及んだ。

 

 

 項王黙然トシテ

項王黙然として応ぜず。

 

(しかし、)項王は黙ったままで応じない。

 

 

 

 范増起、出デテ項荘ヒテハク

范増起(た)ち、出でて項荘(こうそう)を召して謂(い)ひて曰はく、

 

范増は立ちあがって、外に出て、項荘を呼び寄せ、項荘に対して言うことには、

 

 

「君王為

「君王人と為(な)り忍びず。

 

「君王は残忍なことができない人柄だ。

 

 

 若入ミテ寿

若(なんぢ)入り前(すす)みて寿を為せ。

 

(だから、)おまえは宴席に入り、進んで長寿を祈れ。

 

 

 寿畢ハラバ、請ハンコトヲ、因リテチテ沛公於坐

寿畢(を)はらば、剣を以て舞はんことを請ひ、因りて沛公を坐に撃ちて之を殺せ。

 

長寿の祈りを終えたら、剣舞を願い出て、そこで沛公を宴席で襲い、殺してしまえ。

 

 

 不-者ズンバ、若ガ属皆且二/トラントトスル。」

者(しから)ずんば、若が属皆且(まさ)に虜(とりこ)とする所と為らんとす」と。

=(まさ/す)、再読文字、且二~すト「~しようとする。~するつもりだ」

 

そうしないと、おまえの一族はみな沛公に捕らわれてしまうだろう。」

 

 

 荘則リテ寿

荘則(すなは)ち入りて寿を為す。

 

荘はそこで宴席に入り、長寿を祈った。

 

 

 寿畢ハリテハク

寿畢はりて曰はく、

 

祈り終わって言うには、

 

 

「君王与沛公

「君王沛公と飲す。

=と

「君王は沛公と宴を催しています。

 

 

 軍中無一レスコトシミヲ

軍中以て楽しみを為すことなし。

 

しかし軍中であり、娯楽もありません。

 

 

 請ハント。」

請ふ剣を以て舞はん」と。

 

どうか剣舞をさせてください。」

 

 

 項王曰ハク、「諾。」

項王曰はく、「諾」と。

 

項王は「よし。」と言った。

 

 

 項荘抜チテ

項荘剣を抜きて起ちて舞ふ。

 

項荘は剣を抜いて立ち上がり舞った。

 

 

 項伯チテ、常翼-沛公

項伯も亦(ま)た剣を抜きて起ちて舞ひ、常に身を以て沛公を翼蔽す。

 

項伯もまた剣を抜き立ち上がって舞い、常に自分の体で(項荘の攻撃から)沛公を守った。

 

 

 荘不ツコトヲ

荘撃つことを得ず。

 

荘は(沛公を)襲うことができなかった。

 

続きはこちら鴻門之会(史記)(3)原文・書き下し文・現代語訳

 

史記『鴻門之会』まとめ