鴻門之会(史記)(1)原文・書き下し文・現代語訳

青=現代語訳・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名

 史記『鴻門之会』まとめ

 

沛公旦日従百余騎、来タリテエントシ項王、至鴻門

沛公旦日(たんじつ)百余騎を従へ、来たりて項王に見(まみ)へんとし、鴻門に至る。

 

翌朝、沛公は百余騎を従えて、項王にお目にかかろうと鴻門に来て、

 

 

 謝シテハク

謝して曰はく、

 

(沛公が)陳謝して言うことには、

 

 

 「臣与将軍セテ而攻

「臣将軍と力を戮(あは)せて秦を攻む。

 ※=と

「臣(私)は将軍(項王)と力を合わせて秦を攻めました。

 

 

 将軍河北、臣河南

将軍は河北に戦ひ、臣河南に戦ふ。

 

将軍は河北で戦い、臣は河南で戦いました。

 

 

 然レドモリキ

然(しか)れども自(みずか)ら意(おも)はざりき、

 ※=ざ

しかしながら、思いもしなかったことです。

 

 

リテ、得ントハユルコトヲ将軍於此

能(よ)く先(さき)に関に入りて秦を破り、復(ま)た将軍に此(ここ)に見(まみ)ゆるを得んとは。

 

自分がまず関中に入り秦を破って、再び将軍にここでお目にかかる事ができようとは。

 

 

 今-者有小人之言、令ムト将軍ヲシテ臣有一レ郤。」

今者(いま)小人の言有り、将軍をして臣と郤(げき)有らしむ」と。

 ※=の、=し、=と

近ごろ、つまらない人間が言っていることがありまして、それは将軍に臣(私、沛公)との仲違いをさせようとしているのです。」

 

 項王曰ハク、

項王曰はく、

 

すると項王は言った。

 

 

 「此沛公左司馬曹無傷言

「此(こ)れ沛公の左司馬曹無傷(さうむしやう)之(これ)を言へり。

 

「それは、沛公の左司馬・曹無傷が言ったことである。

 

 

 ンバ、籍何ラント。」

然らずんば、籍何を以(もつ)てか此に至らん」と。

 ※=ず

そうでなければ、籍(私)はどうして、このようなこと(沛公を殺そうとしたこと)になろうか。」

 

 続きはこちら鴻門之会(史記)(2)原文・書き下し文・現代語訳

 

史記『鴻門之会』まとめ