大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』解説・品詞分解

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」

原文・現代語訳のみはこちら大鏡『競べ弓(弓争い・競射)』現代語訳


帥殿(そちどの)の、南の院にて人々集めて弓あそばし  に、

遊ばす=サ行四段、尊敬語、動作の主体である帥殿(伊周)を敬っている。

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形なので、直前が(あそばし)となっていることから判断する

帥殿(伊周)が南の院で、人々を集めて弓の競射をなさった時に、


この殿わたら    給へ    思ひかけ    あやしと、中関白殿(なかのかんぱくどの)おぼし驚きて、

渡る=ラ行四段、行く、来る、(尊敬語にもなって)いらっしゃる、おいでになる、動作の主体であるこの殿(道長)を敬っている

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形、直後に尊敬語(給へ)が来ているので使役の可能性もあったが文脈判断で尊敬だとわかる
給ふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、上記の「せ」と合わせて二重尊敬となっているが、訳す時は敬語で訳さなければならない。現代語で二重敬語は誤った文法だから。

れ=完了の助動詞「り」の已然形、接続はサ行なら未然形・四段なら已然形、直前が四段動詞の已然形だから完了・存続の助動詞であると判断できる。受身・尊敬・自発・可能の助動詞「る」の接続は未然形。

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

思いかく=カ行下二段、心にかける、予測する

ず=打消しの助動詞

あやし=形容詞シク活用、不思議だ、異常だ、疑わしい

おぼす=サ行四段、尊敬語、お思いになる

この殿(道長)がおいでになったので、「意外で変だ」と中関白殿(道隆)が驚きになって、


いみじう  饗応(きやうよう)申さ    給うて、

いみじ=形容詞シク活用、(良くも悪くも程度がひどい意味で)はなはだしい、たいそう、いみじくが音便化していみじうとなっている

饗応=機嫌を取って優遇すること

申す=補助動詞サ行四段、謙譲語、~し申し上げる、動作の対象(饗応されている人)である道長を敬っている。

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、直後に尊敬語があるので文脈判断により尊敬の意味でとらえる、動作の主体である道隆を敬っている

給う=補助動詞ハ行四段、尊敬語、上記の「せ」と同様に道隆を敬っている。二重敬語

(道隆が)たいそうもてなし申されて、


下﨟(げらふ)おはしませど、前に立て  奉りて、まづ射させ  たてまつら    たまひけるに、

下﨟=低い官位

おはします=サ行四段、尊敬語、いらっしゃる、おられる、動作の主体である道長を敬っている

立つ=タ行下二段…立たせる
   タ行四段…立つ
ここでは、直後に「奉り(用言)」があるため、「立て」は連用形であることから、タ行下二段の方であることがわかる。

奉る=補助動詞ラ行四段、謙譲語、「~し申し上げる」、動作の対象(先に立たせ(射させ)られた人)である道長を敬っている。

させ=使役の助動詞「さす」の連用形、直後に尊敬語が来ないときは尊敬の意味にはならず使役の意味となる。道隆か伊周が道長に先に射させたという使役。直前の「射」はヤ行上一段の未然形。

たてまつる=補助動詞ラ行四段、謙譲語、動作の対象(先に射させられた人)である道長を敬っている。

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、おそらく動作の主体(先に射させた人)である道隆を敬っている。直後の「給ひ」も尊敬語なので同様。二重敬語

(道長は伊周よりも)階級の低い方でいらっしゃったが、先にお立て申されて、(道隆が道長に)まず射させ申し上げなさったところ、


帥殿の矢数、いま二つ劣りたまひ  

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、動作の主体である帥殿(伊周)を敬っている。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形、、直前が連用形(たまひ)となっているため、打消しの助動詞「ず」の連体形とは異なる。また、文末で、かつ係助詞も見当たらないため、終止形だということで活用から判断してもよい。

帥殿(伊周)はもう二本だけ(道長)に負けなさった。


中関白殿、また御前(おまへ)さぶらふ人々も、

御前=貴人を尊敬していう言葉、貴人の前という場所を表すこともある、ここでは道隆をさしている。

さぶらふ=ハ行四段、謙譲語、お仕えする、お仕え申し上げる、動作の対象である道隆を敬っている。

中関白殿(道隆)、また御前にお仕えしている人々も、


「いま二度延べさせ  たまへ。」と申して、

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、直後に尊敬語が来ているので文脈判断して尊敬の意味でとる、動作の主体(延長する人)である伊周か道長を敬っている。

たまへ=補助動詞ハ行四段の命令形、尊敬語、上記と同様に伊周を敬っている。二重敬語

申す=サ行四段、謙譲語、動作の対象である伊周か道長を敬っている。

「あと二度延長なさいませ」と申し上げて、


延べさせ  たまひ  けるを、やすから  ず  おぼし  なりて、

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、動作の主体(延長した人)である道隆を敬っている、直後の「たまひ」も同じ。二重敬語

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形

やすからず=心落ち着かない、いらいらする、形容詞「やすし」の未然形と助動詞「ず」の連用形でできている

おぼす=サ行四段、尊敬語、お思いになる、動作の主体(心安からず思っている人)である道長を敬っている。

なり=ラ行四段の動詞「なる」の連用形、成る、助動詞ではないので注意。

延長なさったところ、(道長は)心中穏やかでなくお思いになって、


「さらば、延べさせ  たまへ。」と仰せ  られて、

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、(おそらく)動作の主体(延長する人)である道隆を敬っている、直後の「たまへ」も同様

仰す=サ行下二段、尊敬語、おっしゃる、お言いつけになる、言いつける、動作の主体である道長を敬っている。

られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、上記の「仰す」とセットになって「仰せらる」となる場合には必ず尊敬の意味となる。動作の主体である道長を敬っている。二重敬語

「それならば、延長なさい。」とおっしゃって、


また射させ  たまふとて、仰せらるるやう、

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、動作の主体である道長を敬っている。直後の「たまふ」も同様。

らるる=尊敬の助動詞「らる」の連体形、動作の主体である道長を敬っている。直前の「仰せ」も同様。二重敬語

再び射なさる時に、仰ることには、


「道長が家より帝(みかど)・后(きさき)立ちたまふ  べきものなら  、この矢当たれ。」

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、動作の主体である帝・后を敬っている。

べき=当然の助動詞「べし」の連体形、「べし」はおよそ6つの意味があるが文脈判断する。

なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言と連体形、今回直前に「もの(体言)」が来ているので、伝聞・推定の「なり」ではなく、断定だとわかる。ちなみに、伝聞・推定の「なり」の接続は終止形(ラ変型なら連体形)。

ば=接続助詞、直前に未然形が来ているため、④仮定条件「もし~ならば」の意味で訳す。

「道長の家から(将来の)帝や后がお立ちになるはずのものならば、この矢当たれ。」


と仰せらるるに、同じものを、中心(なから)には当たるものかは

らるる=尊敬の助動詞「らる」の連体形、動作の主体である道長を敬っている。直前の「仰せ」も同様。二重敬語

ものかは=終助詞、①感動、②反語、ここでは①感動の意味、…ではないか

とおっしゃったところ、同じ当たるということでも、こんなに的の真ん中に当たったではないか。


次に、帥殿射たまふに、いみじう臆(おく)したまひて、御手もわななく      、的のあたりにだに近く寄らず、

たまふ、たまひ=帥殿を敬っている

わななく=カ行四段、ふるえる

け(故)=名詞、ため、せい、ゆえ

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形、「~である」

や=係助詞、係り結びの省略がおこっている。省略されているのは「あらむ」。「~にや(あらむ・ありけむ)」「~にか(あらむ・ありけむ)」という形でよく出てくる。訳は「~であるのだろうか・あったのだろうか」

だに=副助詞、①強調「攻めて…だけでも」②類推「…だって、…でさえ」③添加「…までも」、ここでは②の類推、「(的の真ん中にあたるどころか)的の近くにさえいかず、」

次に帥殿(伊周)が射られたが、たいそう気おくれなさって、御手も震えたためであろうか、的の近くにさえいかず、


無辺(むへん)世界を射たまへ  に、関白殿、色青くなり

無辺世界=(仏教語)無限の世界、あてのない所、でたらめの方向

たまへ=補助動詞ハ行四段、已然形、動作の主体である伊周を敬っている。

る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形、直前が四段の已然形であることから断定できる。受身・尊敬・自発・可能の助動詞「る」の接続は未然形。

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の連体形、接続は連用形。文末であり、かつ、係助詞がないことから終止形だと判断して活用から考えてもよい。打消しの「ぬ」は「ず」が連体形になったもので、接続は未然形。

でたらめの方向を射られたので、中関白殿(道隆)は青ざめてしまった。


また、入道殿射たまふとて、「摂政・関白すべきものなら  、この矢当たれ。」

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、動作の主体である入道殿(道長)を敬っている

べき=当然の助動詞「べし」の連体形、「べし」はおよそ6つの意味があるが文脈判断する。

なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言と連体形、今回は直前に「もの(体言)」が来ているので、伝聞・推定の「なり」ではなく、断定だとわかる。ちなみに、伝聞・推定の「なり」の接続は終止形(ラ変型なら連体形)。

ば=接続助詞、直前に未然形が来ているため、④仮定条件「もし~ならば」の意味で訳す。

また、入道殿(道長)が射なさるとき、「(自分が)摂政・関白になるはずの運命であるならば、この矢当たれ。」


と仰せらるるに、初め同じやうに、的の破るばかり、同じところに射させ  たまひ  

らるる=尊敬の助動詞「らる」の連体形、動作の主体である道長を敬っている。直前の「仰せ」も同様。二重敬語

の=格助詞、(用法は)主格、訳「的壊れるほどに、」

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、直後に尊敬語があるので文脈判断により尊敬の意味でとらえる、動作の主体である道長を敬っている。

たまひ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、上記の「させ」と合わせて二重敬語、道長を敬っている。

つ=完了の助動詞「つ」の終止形、接続は連用形

とおっしゃったところ、はじめと同じように、的が壊れるほどに、射通されてしまった。


饗応し、もてはやしきこえ  させ  たまひ  つる興もさめて、こと苦う  なり  

きこえ=補助動詞ヤ行下二、謙譲語、~し申し上げる、動作の対象である道長を敬っている

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、動作の主体である道隆を敬っている。直後の「たまひ」と合わせて二重敬語。

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

苦う=形容詞「苦し」の連用形、苦い、気まずい、本来連用形は「苦く」であるが、音便化して「苦う」となっている。

なり=助動詞ではなく普通の動詞、なる、上記と合わせて「気まずくなる」

ぬ=完了の助動詞「ぬ」の終止形、接続は連用形

もてなして、取り持ち申し上げていらっしゃった興もさめて、気まずくなってしまった。


父大臣(おとど)、帥殿に、「  射る。な  射  そ、な射そ。」

何=副助詞、疑問・反語を意味する、どうして~

か=係助詞、疑問・反語を意味する、結び(文末)は連体形、ここでは反語

な=副助詞、射=ヤ行上一段連用形、そ=終助詞
「な~そ」で「~するな(禁止)」を表す。

父大臣(道隆)は、帥殿(伊周)に、「どうして射るのか。(いや、射るな。)、射るな、射るな。」


と制したまひて、ことさめ  けり

たまひ=補助動詞ハ行四段、尊敬語、動作の主体である道隆を敬っている。

に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形

けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形

とお止めになって、興も醒めてしまった。

試験対策問題はこちら大鏡 競べ弓 問題(1)