土佐日記『帰京』(1)解説・品詞分解

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳

原文・現代語訳のみはこちら土佐日記『帰京』(1・2)現代語訳

改訂版はこちら土佐日記『帰京』まとめ


京に入り立ち    うれし。家に至りて、門に入る  

入り立ち=タ行四段、連用形、深く入る、「入る」を強調した言葉

て=接続助詞、現代と同じ用法

うれし=形容詞シク活用、終止形、うれしい

至り=ラ行四段、連用形、着く

入る=ラ行四段、連体形、直後に接続助詞「に」があるため連体形

に=接続助詞、接続(直前の用言の活用形)は連体形、「~したところ・~すると

京に入ってうれしい。家に着いて、門に入ると、


明かけれ  、いとよくありさま見ゆ

明かし=形容詞ク活用、明るい

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

見ゆ=ヤ行下二段、「見る」に受身・可能・自発を意味する「ゆ」がくっついたもの、「見える・見ることができる」などと訳す

月が明るいので、たいそうよく当たりの様子が見える。


聞きよりもまして、言ふかひなく     こぼれ破(や)れ たる

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形、連体形であるのは直後に「話・噂・事など」が省略されていると考えられる、「聞いていたこと」

言ふかひなし=形容詞ク活用、言っても何にもならない、言いようもない

ぞ=強調の係助詞、結び(文末)は連体形となる、係り結び、強調の意味は訳す際にあまり考慮しなくてよい。

こぼれ破(や)る=ラ行下二、壊れていたんでいる、「こぼる(落ちる)」と「破る(壊れる)」がくっついたもの

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形、前に「ぞ(係助詞)」があるため連体形となっている

聞いていた話よりも言いようもなく壊れいたんでいる。


預けたり  つる人の心も、荒れたる  なり  けり

に=格助詞、家預けるというと変ですが、家預けるという意味だと思ってください。

たり=存続の助動詞「たり」の連用形、接続は已然形、直前の「預け」はカ行下二段

つる=完了の助動詞「つ」の連体形、接続は連用形

たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形

なり=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

けり=詠嘆の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形、基本的には「過去」の意味だが、たまに詠嘆の意味になる。詠嘆になる時は、
①和歌の「けり」
②会話文の「けり」
③「なりけり」とある場合の「けり」
の時で、①は確実に詠嘆だが、②・③は文脈判断する必要がある。

(この様子だと家だけではなく)家を預けていた人の心も荒れているのだなあ。



中垣  こそあれ、一つ家のやうなれ  、望みて預かれ  なり

中垣=隣家との境に設けた垣根

こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形、ここでの結びは「あれ」である、「こそ~已然形、…」で「~だが、しかし…」というふうに逆接の働きがあることも覚えておく。

なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形

ば=接続助詞、直前が已然形となっており、ここでも前記で説明した①原因・理由「~なので・~だから」という意味で使われている

る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形、ここでは直前に「預かれ」と動詞ラ行四段の已然形が来ている。

なり=断定の助動詞「なり」の終止形、接続は体言・連体形

(管理を頼んだ相手の家との間に)隔ての垣根はあるが、一軒の家と同じようなものだから、(その相手側から預かりましょうと)望んで預かったのである。


さるは便りごとに物も絶えずさせ  たり

さるは=接続詞、それにしても、それなのに、そうではあるが、そうであるのは

便りごと=名詞、機会のあるたび、便り=機会

絶えず=副詞、絶えることなく

させ=使役の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形、意味は「使役」と「尊敬」どちらかであるが、直後に尊敬語が来ていないときには必ず「使役」の意味になる。

たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形

それなのに、機会のあるたびに贈り物を(管理のお礼として)絶えずあげてきたのだ。


今宵、「かかる  こと。」と、声高にものも言は  

かかる=連体詞、このような、こういう

こと(事)=名詞、①事柄、②(文を「こと」で止めて感動の意を表す)…であることよ、・・・だなあ

声高に=形容動詞ナリ活用、連用形、大声で

せ=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形、直後に尊敬語が来ていないので使役の意味だと分かる

ず=打消しの助動詞「ず」の終止形、接続は未然形

(しかし、)今夜は、「このような有様は(どういうことだ。ひどい。)」と(従者たちに対して)大声で言ったりすることもさせない。


いとつらく  見ゆれ      とす。

いと=副詞、たいそう、とても、非常に

つらし=形容詞ク活用、薄情だ、耐え難い、心苦しい

見ゆれ=動詞「見ゆ」ヤ行下二の已然形、思われる、「思う」に自発の意味が加わっている

ど=逆接の接続助詞、接続は已然形

志=名詞、誠意、物を送ること、贈り物

せ=動詞「す(する)」の未然形、サ行変格活用、直後に推量(ここでは意志)の助動詞「む」の直前に来ているので未然形になっている

む=意志の助動詞「む」の終止形、接続は未然形、終止形なのは直後肉店が省略されているから。(「志はせむ。」とす。)、「む」は文末にあると推量・意志・勧誘のどれかの意味になり、文中にあると仮定・婉曲の意味となる

非常に薄情だと思われるけれども、お礼はしようと思う。

改訂版はこちら土佐日記『帰京』まとめ

続きはこちら土佐日記『帰京』(2)解説・品詞分解