枕草子『中納言参りたまひて』現代語訳

「黒=原文」・「青=現代語訳」

解説・品詞分解はこちら枕草子『中納言参りたまひて』解説・品詞分解


中納言参りたまひて、御扇奉らせたまふに、

中納言(隆家)が参上なさって、御扇を(中宮定子に)差し上げなさるときに、


「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。

「私(隆家)はすばらしい骨(扇の骨)を手に入れております。


それを張らせて参らせむとするに、

それを張らせて差し上げようと思うのですが、


おぼろげの紙はえ張るまじければ、求めはべるなり。」

ありふれた普通の紙は張れますまいから、(張るのに相応しい紙を)さがしております。


と申したまふ。

と申しなさる。


「いかやうにかある。」と問ひきこえさせたまへば、

「(扇の骨は)どのようなのですか。」とお尋ね申し上げなさると、


「すべていみじう  はべり。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ人々申す。

「すべてにおいてすばらしいのです。『未だ全く見たことのない骨のようだ。』と人々が申します。


まことにかばかりのは見えざりつ。」と、言高くのたまへば、

本当にこれほどのものは見たことがなかった。」と、声高におっしゃるので、


「さては、扇のにはあらで、くらげのななり。」と聞こゆれば、

(作者・清少納言が)「それでは、扇の骨ではなく、クラゲの骨なのでしょう。」と申し上げると、
※クラゲの骨は見えないので、『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』と「まことにかばかりのは見えざりつ。」に対するユーモアで機知に富んだ返し。


「これは隆家が言(こと)にしてむ。」とて、笑ひたまふ。

(隆家は)「これは私が言ったことにしてしまおう。」と言ってお笑いになる。


かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、

このような話は、聞き苦しいことの中に入れるべきだが(書くべきではないことだが)、


「一つな落しそ。」と言へば、いかがはせむ。

「一つたりとも書き落とすな」と人々が言うので、どうしましょうか。
※最後の「どうしましょうか」と訳した部分には、「仕方がないので書いた。」という作者の気持ちが表されている。

解説・品詞分解はこちら枕草子『中納言参りたまひて』解説・品詞分解