源氏物語『桐壺』(3)解説・品詞分解(光源氏の誕生~)

「黒=原文」・「赤=解説」「青=現代語訳」

原文・現代語訳のみはこちら源氏物語『桐壺』(3)現代語訳

問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題1

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ


母君は初めよりおしなべて上宮仕へし  たまふ  べき  きは  はあらざり  

おしなべて=副詞、すべて、一様に、ふつう、ありきたり

上宮仕へす=サ変、常に天皇のそばにいて用事を勤めるめること

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体である桐壷の更衣を敬っている

べき=当然の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変は連体形)

きは(際)=名詞、身分、端

に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形

ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

き=過去の助動詞「き」の終止形、接続は連用形

母君(光源氏にとって母である桐壷の更衣)はもともと普通一般のおそば勤めなさるはずの身分ではなかった。


おぼえいとやむごとなく上衆(じょうず)めかしけれど、わりなく  まつはさ    給ふあまりに、

おぼえ=名詞、評判、世評

やむごとなし=形容詞シク活用、捨てておけない、格別だ、尊い

上衆めかしけれ=シク活用の形容詞「上衆めかし」の已然形、貴人らしいようすである、貴人らしく振舞う

わりなし=形容詞ク活用、「理(ことわり)なし」と言う意味からきている。意味:道理に合わない、分別がない、程度がひどい

まつはす(纏はす)=サ行四段、まといつかせる、絶えず傍に付き添わせる

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。「使役」と「尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ているため文脈判断する。直後の「たまふ」とともに動作の主体(まとはせる人)である桐壷帝を敬っている。二重敬語。

評判も格別で、貴人らしいようすであるが、分別なく(むやみやたらに)おそばに付き添わせなさる結果、


さるべき  御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づまう上ら    たまふ

べき=適当の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形(ラ変は連体形)。直前の「さる」はラ変動詞「さり」の連体形であり、「さるべき」で「しかるべき」と言う訳になる。

御遊び=名詞、管弦や詩歌などの貴族にとっての娯楽

ゆゑ=名詞、趣、由緒

まう上る(参上る)=ラ行四段、参上する。謙譲語。動作の対象(参上された人)である桐壷帝を敬っている

せ=使役の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語がくると「尊敬」の意味になることが多いが、今回のように「使役」の意味になることもあるので、やはり文脈判断が必要である。

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(参上させる人)である桐壷帝を敬っている。

しかるべき管弦や詩歌などのお遊びの時や、何事につけても趣のある催し事のあるたびに、まっさきに(桐壷の更衣を)参上させなさる。

ある時には大殿ごもり  過ぐして、やがて  さぶらは    たまひなど、

大殿ごもる=ラ行四段、「寝る」の最高敬語。おやすみになる

過ぐす=サ行四段、過ごす

やがて=副詞、そのまま

さぶらふ=ハ行四段、謙譲語。お仕えする、(貴人の)お側にお仕えする

せ=使役の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ているので文脈判断である。ここでも「使役」の意味なので注意

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(お仕えさせる人)である桐壷帝を敬っている

ある時は、(桐壷帝が)お寝過ごしになって、そのままお側に置きになさるなど、


あながちに  御前(おまえ)去らずもてなさ    たまひ  ほどに、おのづから軽き方にも見えを、

あながちに(強ちに)=形容動詞ナリ活用、むりやりなさま

御前=名詞、意味は、「貴人」という人物を指すときと、「貴人のそば」という場所を表すときがある。ここでは、場所(帝のおそば)の意味であらわされている。

もてなす=サ行四段、取り扱う、処置する、ふるまう

せ=尊敬の助動詞「す」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ているので助動詞の意味は文脈判断。動作の主体(そばを離れないよう取り扱っている人)である桐壷帝を敬っている。直後の「たまひ」も同様。二重敬語。

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

おのづから=副詞、自然に、一人でに

し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形

むりやりおそばを(桐壷の更衣が)離れないように扱いなさるうちに、自然と軽い身分の人のように見えたが、


この御子(みこ)生まれ  たまひて後は、いと心ことに  思ほし  おきて  たれ  

生まれ=ラ行下段活用の動詞「生まる」の連用形

たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。動作の主体(生まれた人)である光源氏を敬っている

心ことに(心異に)=形容動詞ナリ活用、(心構えや気配りが)格別である

思ほす=サ行四段、「思ふ」の尊敬語、お思いになる。動作の主体である桐壷帝を敬っている

おきつ=タ行下二、取りはからう、計画する、指図する

たれ=完了の助動詞「たり」の已然形、接続は連用形

ば=接続助詞、直前が已然形だから①原因・理由「~なので、~から」②偶然条件「~ところ・~と」③恒常条件「(~する)といつも」のどれかであるが、文脈判断をして①の意味でとる。ちなみに、直前が未然形ならば④仮定条件「もし~ならば」である。

この御子がお生まれになってから後は、格別に心を配り扱いなさったので、


にも、ようずは、この御子のゐたまふべき    めり」と、一の皇子の女御は思し疑へ

坊=名詞、東宮坊の略、「東宮、皇太子」

よう=ク活用の形容詞「よし」の連用形が音便化したもの

打消の助動詞「ず」の連用形 + は =仮定条件「もし~ならば」という意味になる。もう一つ同類のものとして、
形容詞の連用形「~く」 + は=仮定条件「もし~ならば」というものがある。なので、「~ずは」・「~くは」とあれば、仮定条件と言うことに気をつけるべき。この「は」は接続助詞「ば」からきているので、「ば」のまま使われるときもある。

べき=当然の助動詞「べし」の連体形、接続は終止形

な=断定の助動詞「なり」の連体形が音便化して無表記化されたもの。接続は体言・連体形

めり=推定の助動詞「めり」の終止形、接続は終止形(ラ変は連体形)。ここでの推定は見たこと(視覚的なこと)を根拠にする「推定」である

り=完了の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形。直前の「疑へ」は四段の已然形

皇太子にも、もしかすると(わるくすると)、この御子がなられるのはずのものではないだろうか」と、第一皇子の母である女御(弘徽殿の女御)は、お疑いになるのであった。



人より先に参りたまひてやむごとなき御思ひなべて  なら  、御子たちなどもおはしませ  

人より先に参りたまひて=弘徽殿の女御が帝の他の后よりも先に、帝の后として入内したということ。
「参り」は謙譲語で動作の対象である桐壷帝を敬っている
「たまひ」は尊敬語で動作の主体である弘徽殿の女御を敬っている

やむごとなし=形容詞ク活用、①捨ててはおけない、②格別だ、並々でない③高貴である、ここでは②並々ではない、格別だの意味だと思われる。

なべて(並べて)=一般に、すべて、並ひととおり、ふつう

なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形

ず=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形

おはします=サ行四段、「あり」の尊敬語、いらっしゃる、おられる。動作の主体である御子たち(弘徽殿の女御の子供たち)を敬っている

ば=接続助詞、直前が已然形であり、①原因・理由「~なので、~から」の意味で使われている

(この弘徽殿の女御は)他の后よりも先に(桐壷帝の后として)入内なさって、大切になさる気持ちも並ひととおりでなく、お子様たちもいらっしゃるので、


この御方の御いさめをのみなほ  わづらはしう心苦しう思ひ聞こえ  させ  たまひ  ける

いさめ(諌め)=名詞、意見、忠告。ちなみに「いさめ(禁め)」だと、「禁制、戒め」の意味である。

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。係り結び

なほ=副詞、やはり

わづらはしう=シク活用の形容詞「わづらはし」の連用形が音便化したもの、面倒なさま、うるさい、やっかいだ

心苦しう=シク活用の形容詞「心苦し」の連用形が音便化したもの、心苦しい、つらい、気の毒だ
聞こえ=ヤ行下二の補助動詞「聞こゆ」の未然形、謙譲語。~し申し上げる、お~する。動作の対象(気の毒に思われる人)である弘徽殿の女御を敬っている

させ=尊敬の助動詞「さす」の連用形、接続は未然形。直後に尊敬語が来ているため「使役」か「尊敬」かは文脈判断。ここは「尊敬」の意味であり、直後の「たまひ」とともに動作の主体(気の毒に思う人)である桐壷帝を敬っている

ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。前の係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。係り結び

この女御のご苦情だけは、やはり面倒に、(でも、弘徽殿の女御のことを考えて)気の毒にもお思い申されるのだった。

続きはこちら源氏物語『桐壺』(4)解説・品詞分解

問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題1

源氏物語『桐壷』まとめ

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ