読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

源氏物語『桐壺』(3)現代語訳(光源氏の誕生~)

「黒=原文」・「青=現代語訳」

解説・品詞分解はこちら源氏物語『桐壺』(3)解説・品詞分解

問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題1

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ


母君は初めよりおしなべての上宮仕へしたまふべききはにはあらざりき。

母君(光源氏にとって母である桐壷の更衣)はもともと普通一般のおそば勤めなさるはずの身分ではなかった。


おぼえいとやむごとなく、上衆(じょうず)めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、

評判も格別で、貴人らしいようすであるが、分別なく(むやみやたらに)おそばに付き添わせなさる結果、


さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づまう上らせ給ふ。

しかるべき管弦や詩歌などのお遊びの時や、何事につけても趣のある催し事のあるたびに、まっさきに(桐壷の更衣を)参上させなさる。


ある時には大殿ごもり過ぐして、やがてさぶらはせたまひなど、

ある時は、(桐壷帝が)お寝過ごしになって、そのままお側に置きになさるなど、


あながちに御前(おまえ)去らずもてなさせたまひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、

むりやりおそばを(桐壷の更衣が)離れないように扱いなさるうちに、自然と軽い身分の人のように見えたが、


この御子(みこ)生まれたまひて後は、いと心ことに思ほしおきてたれば、

この御子がお生まれになってから後は、格別に心を配り扱いなさったので、


坊にも、ようせずは、この御子のゐたまふべきなめり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。

皇太子にも、もしかすると(わるくすると)、この御子がなられるのはずのものではないだろうか」と、第一皇子の母である女御(弘徽殿の女御)は、お疑いになるのであった。


人より先に参りたまひて、やむごとなき御思ひなべてならず、御子たちなどもおはしませば、

(この弘徽殿の女御は)他の后よりも先に(桐壷帝の后として)入内なさって、大切になさる気持ちも並ひととおりでなく、お子様たちもいらっしゃるので、


この御方の御いさめをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひ聞えさせたまひける。

この女御のご苦情だけは、やはり面倒に、(でも、弘徽殿の女御のことを考えて)気の毒にもお思い申されるのだった。

源氏物語『桐壺』(3)解説・品詞分解

続きはこちら源氏物語『桐壺』(4)現代語訳

問題はこちら源氏物語『桐壺』(3)問題1

源氏物語『桐壷』まとめ

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ