源氏物語『桐壺』(2)現代語訳(光源氏の誕生)

「黒=原文」・「青=現代語訳」

解説・品詞分解はこちら源氏物語『桐壺』(2)解説・品詞分解(光源氏の誕生)

問題はこちら源氏物語『桐壺』(2)問題1

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ

登場人物
桐壷帝(帝)
桐壷の更衣
桐壷の更衣の父である大納言
その大納言の北の方(妻・桐壷の更衣の母)
清らなる玉の男御子・この君(若宮・弟君・光源氏)
右大臣の女御(弘徽殿の女御)
右大臣の女御の御腹・一の御子(第一皇子・のちの朱雀院)


父の大納言は亡くなりて、母北の方なむいにしへの人のよしあるにて、

父の大納言は亡くなって、母である大納言の北の方(妻)は、昔気質の人で由緒正しい家柄の人であって、


親うち具(ぐ)し、さしあたりて世のおぼえはなやかなる御かたがたにもいたう劣らず、何事の儀式をももてなし給ひけれど、

両親がそろっており、現在世間の評判も華やかである他の方々(女御・更衣たち)に比べてもあまり劣ることなく、どんな儀式をも、とり行いなさったけれども、


とりたててはかばかしき後見(うしろみ)しなければ、

特に取り上げて、頼れる後見人(後ろ盾)がいないので、


事とある時は、なほよりどころなく心細げなり。

重大な用事がある時は、やはり頼る所がなく心細そうである。


前(さき)の世にも、御契りや深かりけむ、

前世においても(帝と更衣は)ご縁が深かったのだろうか、


世になく淸らなる、玉の男御子(をのこみこ)さへ生れ給ひぬ。

世に比類がないほど美しい玉のような皇子までもがお生まれになった。


いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ參らせて御覽ずるに、

(帝は)早く(生まれた皇子を見たい)とじれったく思いなさって、急いで(その皇子を宮中へ)参らせて御覧になると、


珍(めづ)らかなる、児(ちご)の御かたちなり。

珍しいほどの(美しさである)皇子のお顔立ちである。



一の御子は、右大臣の女御の御腹にて、よせおもく、

第一皇子は、右大臣の娘(弘徽殿の女御)がお生みになったお方で、世間の信望も厚く、


疑ひなき儲の君(まうけのきみ)と世にもてかしづき聞ゆれど、

疑いもなく皇太子だと世間では大切にし申し上げているけれども、


この御にほひには、並び給ふべくもあらざりければ、

この(光源氏)のお美しさにはお並びになれそうにはなかったので、


おほかたのやんごとなき御思ひにて、この君をば、私物(わたくしもの)におぼほしかしづき給ふ事限りなし。

(第一皇子に対しては)一通りの大切になさるという程度のご寵愛であって、この弟君(光源氏)をご秘蔵の宝物のようにお思い大切になさることはこの上もない。

源氏物語『桐壺』(2)解説・品詞分解(光源氏の誕生)

続きはこちら源氏物語『桐壺』(3)現代語訳

問題はこちら源氏物語『桐壺』(2)問題1

源氏物語『桐壷』まとめ

改訂版はこちら源氏物語『桐壺』まとめ